病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

副作用がほとんどなくpmsを改善できる漢方薬とは?

スポンサーリンク

副作用を伴うPMSの薬物療法

PMSでお悩むの方全てに効果があると断言するわけにはまいりませんが、人によっては漢方薬を服用することで、あの辛いPMSの症状を改善することができる場合もあります。

PMSでお悩みの方が病院に行って相談しますと、多くの場合、抗うつ剤や抗不安薬などを処方されることになります。

しかしながら、薬物療法で使われる抗うつ剤や抗不安薬などの薬と言いますと、個人差はあるものの多くの方に副作用をもたらしてしまいます。副作用も程度が軽ければ良いのですが、中にはなかなか酷い副作用が現れてしまう方もいらっしゃいます。

PMSの悩みは解消されたものの、次は薬物療法の副作用に悩まされるようになってしまったら、治療の意味がありません。そんな時、比較的副作用が少ない漢方薬を試してみるのも一つの方法と言えるでしょう。

それでは具体的に、PMSの症状を改善できると言われている漢方薬には、どのようなものがあるのでしょうか?

PMSに効果があるとされる漢方薬

PMSに効果があると言われている漢方薬には下記のようなものがあります。

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
・加味逍遥散(かみしょうようさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・温経湯(うんけいとう)

上記の漢方薬には、それぞれ特徴がありますので、個々にご説明しますね。

・半夏厚朴湯・・・不半夏厚朴湯は、安庄や心身症などの不安定な精神状態や不眠、さらには吐き気などにも効果があると言われておりまして、うつ病の治療などにも使われる漢方薬ですが、書状が似ているPMSにも改善する効果を期待できるでしょう。

・当帰芍薬散・・・当帰芍薬散は、血液循環を良くしてホルモンのバランスを整える効果がありますので冷え性の人に良いと言われる漢方薬になります。

・加味逍遥散・・・加味逍遥散は、女性の更年期障害に効く名薬として知られて日成座でもありまして、PMSの症状も改善してくれるでしょう。

・桂枝茯苓丸・・・桂枝茯苓丸は、血液循環を良くして熱のバランスを整える効果があることから冷え性の体質の女性に効果があります。特に体格がよい方に向いていると言われております。

・温経湯・・・温経湯は、手や足がほてりやすい女性に良いと言われておりまして、血液循環を良くする効果があると言われております。

前述した通り、漢方薬にはほとんど副作用がありません。というよりも漢方医学では副作用という概念はないんですね。あくまでも体質を改善できるものを調合して作られますので、副作用が出るということは処方に誤りがあったということになってしまうのです。

ただし、漢方薬には即効性はありませんので、体質が改善されるまで服用を続ける必要があります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク