病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

メニエール病とは何が原因で引き起こされる病気ですか?

スポンサーリンク

内リンパ水腫ができるメニエール病

メニエール病って、皆さんはご存じですか?もしかしたら、ご存じない人の方がおおいかもしれませんね。

メニエール病とは、内耳にあるリンパが増えることで水ぶくれの状態になる内リンパ水腫ができることが原因となってめまいや耳鳴りに襲われる病気のことです。

メニエール病という病名の由来は、その昔、メニエールと言う名前のフランスの耳鼻科医が、「めまい」「耳鳴り」「難聴」という三つの症状を同時に現す病気を発表したからなのであります。

ということで」フランスのメニエール医師が発表した「めまい」「耳鳴り」「難聴」の三症状を伴う病気を医師の名前から取って、メニエール病と呼ばれるようになったわけです。

それでは、なぜメニエール病を引き起こす原因となる内リンパ水腫ができるのでしょうか?

内リンパ水腫ができる原因は?

前述した通り、内耳にあるリンパが増えることで水ぶくれの状態になることを内リンパ水腫と呼ぶわけですが、実のところ、なぜこのような内リンパ水腫ができるのか、その原因につきましては明らかとなっておりません。

しかしそれでも、ストレスの蓄積や睡眠不足の状態が続いたり過労などで内リンパ水腫ができて、メニエール病を発症することは分かっております。また、気圧の変化や几帳面な性格もメニエール病の発症に関係していると考えられております。

メニエール病はどんな症状ですか?

メニエール病を発症すると、お約束のような「めまい」「耳鳴り」「難聴」という三つの症状以外にも、「嘔吐」や「耳の閉塞感」という症状が現れることもあります

しばらく上記のような症状が続いた後に、少しずつ収束に向かうのですが、しばらく時間が経過した後、また症状が現れてくるという特徴があります。めまいの症状が酷いと、座っていることすらできなくなることもあります。

そんなことから、メニエール病の症状が重度の場合は日常生活にも支障が出てしまうのであります。

突然メニエール病に襲われたら?

メニエール病は、発症しやすい年齢層の好発年齢がありまして、30歳~50歳の女性に多く見られる病気なんですね。もし、ある日ある時、突然耳鳴りを伴うめまいに襲われたりしたらパニックになってしまうかもしれませんが、とにかく冷静になる必要があります。

気持ちを落ち着かせてから、安静にしてしばらく様子を見ましょう。症状が全く治まらない場合は、救急車を呼ぶ必要があります。もし、治まるようであれば耳鼻科に行って診察してもらってくださいね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク