病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

なぜなるのかメニエール病を発症する原因

スポンサーリンク

内リンパ水腫が原因のメニエール病

メニエール病になぜメニエール病なるのかという発症メカニズムに関しましては、内耳に存在する内リンパ液が増えることが原因であることは分かっております。

このような、内耳の内リンパ液が水膨れ状態となっていることを内リンパ水腫と読んでいます。

ただ、発症メカニズムは分かっているにしても、内リンパ水腫になぜなるのかということが、明らかとなっていないわけであります。

内リンパ水腫がもたらす症状

内耳の内リンパ液が増えて水膨れの状態になっているということは、当たり前のことではありますが、内耳は機能低下を起こしていることになります。

そうすると、耳鳴りや難聴という症状が現れることになります。また内リンパ水腫は、神経を圧迫することからめまいや吐き気という症状が現れてくるのであります。

そして、このような症状は何度も繰り返し出てくることになります。これが、メニエール病の特徴なんですね。

30~50歳の女性に多いメニエール

メニエール病は、30歳から50歳くらいの女性にやや多いという傾向にありますが、過度なストレスや慢性的な睡眠不足、そして過労気味の方が発症しやすいと言われております。

吐き気や耳鳴りを伴う、めまいに何度も襲われるような症状が見られる場合は、何よりも安静に努めましょう。もちろん、我慢してただひたすら耐えるなどという放置は、悪化するだけですから止めてくださいね。必ず病院に行って診察してもらいましょう。

メニエール病の治療方法

メニエール病の疑いで病院に行きますと、薬物療法が行われることになります。メニエール病の薬物療法では、現れている症状に合わせて「めまい止め」「吐き気止め」「抗不安薬」「利尿剤」「循環改善薬」「ビタミン剤」などが処方されることになるでしょう。

ただ、これらの薬の中にはかなり強い副作用が出てしまう患者さんもいらっしゃいます。もちろん、薬に対する反応というのは個人差がありますので、副作用が現れない方もいらっしゃいます。

もし、副作用が現れた場合でも、ご自身の判断で薬の量の調整や服用の中止という判断をしてはいけません。必ず主治医と相談して指示を仰いでください。

中には、薬の服用を止めてしまい、メニエール病の症状を酷く悪化させてしまう患者さんが少なからずいらっしゃいます。

メニエール病に限らず、薬物療法というのは処方した医師の指示に従うことが非常に大切なことなのであります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク