病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

症状が似ているメニエール病と突発性難聴の違い

スポンサーリンク

似ているメニエール病と突発性難聴

耳に異変が発生する病気の一つに、メニエール病と呼ばれる病気があります。

メニエール病とは、内耳のリンパ液が何らかの原因によって増えて水膨れの状態となる内リンパ水腫ができることにとって引き起こされる病気です。

メニエール病を発症すると、何の前触れもなく激しいめまいに襲われるとともに耳が聞こえにくくなります。

そして同じく耳に異変が発生する病気の一つに、突発性難聴と呼ばれる病気があります。突発性難聴とは、メニエール病と同じように前触れなしで耳が聞こえにくくなる病気なのですが、患者さんの方が30%に難聴とともにめまいの症状を起こしております。

以上のように、メニエール病と突発性難聴を比較しますと、いくつかの似通った症状が現れることから、最初の診察では突発性難聴と診断されたものの、後日あらためてメニエール病と再診断されることも少なくありません

しかしながら、メニエール病と突発性難聴は全く異なった病気であり、症状が違っている点もあります。それでは具体的に、メニエール病と突発性難聴とではどのような点が違っているのでしょうか?

メニエール病と突発性難聴の違い

・メニエール病の症状の特徴・・・・メニエール病の最も大きな特徴は、不規則な間隔で吐き気を伴うめまいの発作を起こす点にあります。メニエール病が原因のめまいというのは、自分や周囲の景色がグルングルンと激しく回る回転性のめまいなんですね。

そして、強い吐き気に襲われて嘔吐することも多いのであります。また前述した通り、めまいの発作には規則性がなく、毎日の人もいれば週に一回とか一月に一回というケースもあります。患者さんの中には年に数回という方もいらっしゃいます。

・突発性難聴の症状の特徴・・・メニエール病がめまいの発作を繰り返すのに対して、一方の突発性難聴はと申しますと、めまいの発作を繰り返し何度も起こすようなことはありません

もし、治療を受けることで難聴の症状が治まったにもかかわらず、めまいに何度も襲われるのであれば、メニエール病の疑いが強いと言えるでしょう。

両方共進行性の病気です

メニエール病にしても突発性難聴にしても、どちらも進行性の病気です。そして、難聴という症状は治療の開始が遅れると症状が定着する可能性があります。したがいまして、難聴の症状が現れている場合は、できるだけ早く治療を開始する必要があります。

メニエール病や突発性難聴という病気は、発症初期の段階から適切な治療を受けることが最も大切なのであります。くれぐれも、病気を放置することがないようにしてくださいね。放置をすると悪化することになります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク