病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

腎臓病を予防するために必要な食事内容へのポイントとは?

スポンサーリンク

腎臓病の予防で最も大切な食事

腎臓病の原因として、最初にあげられるのは生活習慣病ですが、その生活習慣病にならないために最も注意すべきことが食事の内容なのであります。

一般的にもよく言われることではありますが、塩分の過剰摂取は腎臓に大きな負担をかけてしまいます

塩分の過剰摂取に気をつけていても、思わぬ食品に含まれていることがあります。例えば、カップ麺などのインスタント食品がありますが、大盛りのカップ麺一つで、一日に必要とされる塩分の量を超えてしまうものもあります。

また、八ム、べ一コン、ソーセージ、練り製品などの加工食品やレトルト、冷凍食品なども意外と思えるほどの塩分が含まれていることもあります。これらの食品を利用する場合は、表示されている成分表をしっかりと確認するようにしましょう。

腎臓病予防に効果的なカリウム

カリウムと呼ばれる栄養素は、体重の0.2%を占める、人間の体にとっては非常に重要なミネラルの一つになります。また、カリウムには利尿作用があることから、腎臓病を予防するためには有効に作用してくれるわけであります。

それでは実際に、カリウムを摂取するためにはどのような食事をすれば良いのでしょうか?カリウムを豊富に含んでいる食材の代表格には、白菜をあげることができます

健康な腎臓は、カリウムを摂取することでナトリウムの排出を促進してくれます。そうすると、血液中に存在するナトリウムの数値を一定の範囲内で維持しやすくなるのです。

水分をたくさん含む白菜を食材として活用することで、水分を補給することができますので、積極的に食材として活用するとよいでしょう。

腎臓病に負担となるカリウム

腎臓の機能が低下している時のカリウムの過剰摂取は、腎臓に良いどころか、逆に大きな負担をかけてしまうことになります。機能が低下した腎臓は、カリウムを処理しきれなくなってしまい、排出することができずに血液の中に蓄積されてしまうことがあるのです。

そうすると、高カリウム血症に陥る可能性が高くなりますので、注意が必要なのです。もし、腎臓病の予防のためにカリウムを摂取する場合は、腎臓が健康であることを確認してからのほうがよいでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク