病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

病気が原因で引き起こされるめまいとその病名

スポンサーリンク

激しいめまいの多くは病気が原因

皆さんも、めまいに襲われたことは少なからずあるのではないでしょうか?

めまいと言っても、疲れ気味だったり睡眠不足気味だったり、あるいは風邪をひくなどして発熱するすると『クラクラ』したりすることがありますよね。

ただ、これらのめまいとは比較にならない、激しいめまいに襲われることもあります。それこそ安静にしているしかないほどの激しいめまいに襲われるケースというのは、病気が原因となって引き起こされていると考えるべきでしょう。

それでは具体的に、激しいめまいの原因となる病気には、どのようなものがあるのでしょうか?

激しいめまいをともなう二つの病気

激しいめまいを引き起こす、その原因となる病気には下記のような二つの病気があります。

・メニエール病
・内耳前庭部分障害(良性発作性頭位めまい症)


それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・メニエール病・・・・メニエール病は、内耳に浮腫みが発生することで引き起こされる病気です。内耳という器官は、内リンパ液で満たされているのですが、何らかの原因によって内リンパ液が増えて膨張することで発症します。

メニエール病の発症メカニズムは、以上の流れなのですが、なぜ内リンパ液が増えるのかということは、未だ解明されていません。

メニエール病を発症すると、激しい回転性のめまいに襲われると同時に、難聴や耳鳴り、そして激しい吐き気という症状も伴います。特に注意が必要なのは、難聴は放置すると症状が定着して治らなくなってしまう点です。

したがって、できるだけ早い治療が必要なのであります。メニエール病は、再発しやすい病気ですので、しっかりと治療を受けるべきです。

※メニエール病につきましては、こちらの記事もご参照ください。
>>メニエール病<<

・内耳前庭部分障害(良性発作性頭位めまい症)・・・内耳前庭部分障害(良性発作性頭位めまい症)は、めまいという症状を伴う病気としましては、一番起きやすいのであります

内耳の前庭と呼ばれる器官には、炭酸カルシウムの結晶でできている耳石という組織があるのですが、この耳石が何かしらの原因によって剥がれて他の場所に移動したり、体のバランスをコントロールしている三半規管に入り込むなどして、めまいが発生します。

このような症状を内耳前庭部分障害あるいは、良性発作性頭位めまい症と呼ぶのであります。

この病気は、良性と言われるだけあってメニエール病のように何度もめまいに襲われることはありません。剥がれた耳石を元に戻すためには、安静にしているか耳石を戻す体操を行う必要があります。

上記以外のめまいを伴う病気には、脳の病気だったり高血圧でも起きることがありますので、もしめまいに襲われた場合は必ず病院に行って診察を受けてくださいね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク