病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

回転性めまいの原因とその治療方法

スポンサーリンク

回転性めまいで考えられる原因

めまいには、いくつかの種類がありまして、その中の一つに回転性めまいがあります。

回転性めまいは、文字通り自分や周囲がグルングルンと回ってしまうめまいになります。

そしてその回転性めまいの原因なのですが、下記のような4つのケースが考えられます。

【回転性めまいの4つのケース】
(1)耳に異常が発生している
(2)脳に異常が発生している
(3)薬物による中毒症状
(4)強い不安感

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

(1)耳に異常が発生している・・・回転性めまいは、耳に何らかの異常が発生することで引き起こされることがあります。

最も多いケースとしましては、内耳の前庭器官にある耳石がズレることで引き起こされる良性発作性頭位めまい症があげられます。ちなみに良性発作性頭位めまい症は、理学療法のエプレイ法で治すことができます。

また、良性発作性頭位めまい症は、良性ということもあり自然治癒することも多く、めまいとともに現れる吐き気の症状が酷くなければ、病院に行かなくても自宅で安静にしていればよいでしょう。

もちろん、症状が酷ければ病院で薬を処方してもらって服用する必要があります。

(2)脳に異常が発生している・・・回転性めまいは、脳に異常が発生することで引き起こされることがあります。

脳に発生する異常とは、具体的に言いますと「脳腫瘍」「脳梗塞」「くも膜下出血」などが例としてあげることができます。また、脳障害が起きるとめまいとともに激しい頭痛に襲われることがあります。

このような脳の病気は、生命の危機とも言える状態ですから、一刻の猶予もありませんので早急に専門の病院で治療を受ける必要があることは言うまでもないことです。

(3)薬物による中毒症状・・・何かしらの病気の薬物療法で、「抗生物質」「利尿薬」「抗けいれん薬」などを服用することがあります。これらの薬には副作用として、めまいの症状が現れることがあるんですね。

特に問題なのは、「抗けいれん薬」になります。この薬は、めまいの症状が現れる可能性が高いと言われています。

薬物による中毒症状が現れた場合は、主治医と相談して薬の量を減らすなどの工夫をしてもらいましょう。

(4)強い不安感・・・病院での検査の結果、耳や脳に異常がないということであれば、精神的な強い不安感から、めまいという症状が現れている可能性があります。

このような場合は、心療内科や精神科のある病院に行って相談する必要があるでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク