病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

病院に行く必要があるめまいの症状を伴う耳鳴り

スポンサーリンク

めまいを伴う場合は病院に行くこと

耳鳴りという症状も、程度が軽ければ休養をとるなどしてゆっくりを休むことで症状も治まることの方が多いのです。

しかし、症状が酷かったり休養を取っても回復しない、さらにはめまいという症状が伴うようであれば、ここはやはり病院に行って検査を受けるべきでしょう。

そのめまいなのですが、実はめまいには種類がありまして、それは下記の三つのタイプになります。

(1)回転性めまい
(2)浮動性めまい
(3)目の前が真っ暗になるめまい

以上の三種類になります。

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

(1)回転性めまい・・・回転性めまいとは、自分や周囲の風景が、それこそグルングルンと回転しているように感じるめまいになります。回転性めまいを起こす時、耳鳴りやの症状を伴うことが多く、この場合は良性発作性頭位めまい症の可能性が高いです。

良性発作性頭位めまい症は、耳鳴り、めまい、吐き気の症状を伴います。

また、これら三つの症状に加えて、難聴の症状まで伴う場合はメニエール病の可能性が高く、難聴の症状は治療の開始が遅れると聴力が回復しなくなってしまいますので、すぐに病院に行く必要があります。

ちなみに、良性発作性頭位めまい症とメニエール病は耳に異常が発生して引き起こされる病気です。

また、耳鳴りを伴う回転性めまいは、脳出血や脳梗塞など脳に異常が発生している可能性もありますので、ご注意いただきたいと思います。

(2)浮動性めまい・・・浮動性めまいは、カラダが雲の上を歩いているようなフワフワと浮いている感覚にとらわれるめまいになります。

耳鳴りとともに、めまいや頭痛、そして痺れという症状を伴う場合は、非常に危険な脳の病気である脳梗塞や脳腫瘍の可能性がありますので、早急に病院に行くべきでしょう。

「耳鳴り」「めまい」「頭痛」「痺れ」という症状が襲ってきた場合は、絶対に放置しないようにしてくださいね。

(3)目の前が真っ暗になるめまい・・・文字通り、目の前が真っ暗になるめまいで、症状が酷い場合は失神することもあります。一般的に言われている“立ちくらみ”もこのめまいということになります。

目の前が真っ暗になるめまいもまた、耳鳴りを伴うようであれば、「高血圧症」「低血圧症」「自律神経失調症」「神経調節性失神」などの病気を発症している可能性があります。

これらの病気も、やはり厄介なものがありますので、すぐにでも病院に行って治療を受けるべきですね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク