病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

発症する原因によって二つの種類に分けられる難聴

スポンサーリンク

伝音性難聴と感音性難聴

難聴という耳の疾患を病名の通り解釈しますと、聴くことが難しくなる症状のことになりますが、症状が悪化すると聴力が全くなくなってしまうこともあります。

また、難聴はその発症メカニズムの違いによって二つの種類に分類されます。

具体的に言いますと、下記のような二つの種類になります。

・伝音性難聴
・感音性難聴

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

伝音性難聴とは?

耳を構成している部位には、耳の外側から外耳と中耳があります。そしてこの部分には、カラダの外からの音を振動に変換してカラダの中へと伝える役割を担う伝音器と呼ばれる器官があるんですね。

この伝音器に、異変が発生することで引き起こされる難聴を“伝音性難聴”と言います

伝音性難聴を発症することで現れてくる症状としましては、音を振動に変換する機能が低下することから、音が充分に伝わらなくなって小さい話し声などは聞き取ることが難しくなってしまいます。

ただし、伝音性難聴は補聴器を使うことで伝音器の機能を補助してあげることで、聴力を回復させることができます。

また、伝音性難聴は手術を含めて適切な治療を受けることで、症状を回復できる可能性は高いものがあります。ただそれでも、治療はなるべき早く開始される必要はあるでしょう。

感音性難聴とは?

カラダの外から耳の中に入ってきた音は、前述した通り伝音器によって振動へと変換されます。そして、その振動は感音器と呼ばれる器官によって、電気信号に変換されて脳へと伝えられるんですね。

ところがこの感音器に異変が発生して、正常な電気信号に変換することができなくなることがあるのです。そうすると、音は認識できるものの内容が分からないという症状が現れてくるんですね。

例えば、会話であれば声は聞こえてくるのに聞き取ることができなかったり、あるいは間違って聞こえたりするのです。このように、感音器に異変が発生することで引き起こされる難聴を感音性難聴と言います

感音性難聴は、二人で話をする分にはまだよいのですが、会議のような人数多い場所での話し合いでは、話についていくことできなくなってしまいます。

伝音性難聴は、補聴器をつければ聴力を取り戻すことができますが、感音性難聴の場合、補聴器は役に立ちません。仮に、大きな声で話をしてもらったとしても、やはり聞き取ることが難しくなってしまうんですね。

感音性難聴は、残念ながら今の時代の医療では、有効な治療の方法はありませんので、症状を回復させることは難しいでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク