病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

病院の耳鼻咽喉科で実施される難聴の検査方法とその種類

スポンサーリンク

標準純音聴力検査が実施されます

難聴の疑いで耳鼻咽喉科のある病院に行きますと、まず聴力の検査が実施されることになります。

聴力検査は、標準純音聴力検査と呼ばれる検査方法で本当に難聴なのか、神経過敏な状態なのかが調べられます。

聴力検査の過程で、本当に難聴というレベルの聴力しかない場合は、具体的な難聴の程度も把握することができます。

そして、実際に難聴ということであれば、次にその原因を調べる必要があります。それでは具体的に、難聴の原因を調べるためにはどのような検査が実施されるのでしょうか?

難聴の原因を調べる検査方法とは?

難聴の原因を調べるために、下記のような検査が実施されることになります。

・自記聴力検査
・語音聴力検査
・SISI検査
・聴性脳幹反応検査

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・自記聴力検査・・・自記聴力検査は、健康診断なので実施される聴力の検査方法になりますので、経験されたことのある方はおおいのではないでしょうか?

最初に両方の耳にヘッドホンをつけて、検査は左右の耳別々で実施され、音が聴こえてきたらボタンを押すという検査になります。音は、大ききくしたり、あるいは小さくするなどで調べていきます。

ヘッドホンから流れる音は、125ヘルツ~8,000ヘルツまでの範囲内で7種類の周波数で設定されています。

・語音聴力検査・・・語音聴力検査は、言葉を正常に聞き取ることができるかどうかを調べる検査の方法になります。どのような種類の音をどの程度聞き取れるかをチェックすることになります。

検査で使用される語音は、一般的な日常会話の中で使われるようなものなります。この検査で、検査の語音がどの種類の音がどのくらいの大きさだと正しく聞こえたのは何%になるのかということをかを調べることになります。

・SISI検査・・・SISI検査では、ヘッドホンから音が決まった間隔で10回流れます。そして、音が大きくなった分かった段階で合図をします。10回流れた中で何%気づいたか調べる検査になります。

ちなみに内耳に異変が発生することで引き起こされ得る内耳性難聴では、この数値がほぼ100%になると言われております。

・聴性脳幹反応検査・・・聴性脳幹反応検査は、ある一定の音を聞かせることで、聴覚進路の脳幹が発する脳波をコンピューターで解析することで聴力を検査することになります。

脳幹反応が出ているかどうかで、聞こえてくるかどうかを判断することができる他覚的検査ということになります。この方法であれば、音が聞こえたかどうかの意思表示をできない人でも、検査をすることができますね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク