病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

似た症状が現れるメニエール病と突発性難聴の違いとは?

スポンサーリンク

似ているメニエール病と突発性難聴

内耳に難聴の何かしらの異常が発生して、いきなり激しく周囲の風景や自分自身がグルグルと回るような激しい回転性のめまいに襲われる病気にメニエール病があります。

そして、突然著しく聴力が低下して耳が聞こえにくくなる病気に、突発性難聴があります。

この突発性難聴とよばれる病気は、患者さんの30%の方が回転性めまいという症状を伴っています。ということで、めまいを伴った突発性難聴の患者さんというのは、症状がメニエール病とかなり近くなってしまうのであります。

そんなことから、メニエール病の患者さんの中には最初の診察では“突発性難聴”と診断されることがすくなくありません。もちろん、治療を進めていく中でしっかりと“メニエール病”と再診断されることになるわけですけどね。

ただ、メニエール病と突発性難聴の症状が似ているとは言いましても、やはり全然違った症状もあります。それでは具体的に、ニエール病と突発性難聴の症状の違いには、どのようなものがあるのでしょうか?

メニエール病の症状の特徴

メニエール病の一番の特徴と言いますと、激しい回転性にめまいにあるわけですが、このめまいの発作は、不定期に繰り返されるという特徴があるのです。

メニエール病を発症すると、前述した通り周囲の風景や自分自身がグルグル回るような激しい回転性のめまいに襲われるわけですが、そのめまいの症状とともに激しい吐き気、酷い時は嘔吐まで伴うことが少なくありません。

また、繰り返されるめまいにあるわけですが、めまいの発作は完全に不定期であることから予測ができません。具体的に言えば、週に一回とか月に一回、時には年に数回などという事例もあったりします。

突発性難聴の特徴

突発性難聴の患者さんの場合、上記でも述べている通り30%の方が、めまいの症状を伴うわけですが、ただメニエール病とは異なり突発性難聴の場合は、めまいの発作が繰り返されることはないのです。

もし、耳鼻科などで治療を受けている過程で、めまいの症状が何度も起きるようであれば、メニエール病の疑いが濃厚ということになります。

メニエール病にしても突発性難聴にしても、どちらも進行性の病気ですから、治療の開始が遅れてしまいますと、症状は着実に悪化することになります。ましてや、放置などしては絶対にいけません。

メニエール病も突発性難聴も、どちらも早期の治療開始が非常に大切ですから、初期の段階から耳鼻咽喉科のある病院に行って適切な治療を受けるようにしましょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク