病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

聴覚障害でも新たに車の免許取得が可能な難聴

スポンサーリンク

車の免許取得が可能な難聴

難聴という聴覚の障害を持っていたりしますと、車の運転には非常に大切な音による情報収集ができないわけですから、車の免許取得はNGであると思われているかもしれませんね。

しかしながら、実際には難聴の方でも車の免許取得は可能なんですね。

ただし、無条件で難聴の方が車の免許所得が可能というわけではありません。やはり、それなりに免許取得のための条件があるわけです。

それでは具体的に、難聴の方が車の免許を取得するための条件とはどのようなものなのでしょうか?

聴覚障害者の基準があります

難聴のような聴覚障害には、基準があります。具体的に言いますと、難聴の方が補聴器を使った状態で、距離10メートルの位置から90デシベルのクラクションのような警音器から発せられた音が聞こえないと聴覚障害者と判断されることになります。

聴覚障害者の方が車の免許取得をするためには、運転する車に条件が付けられます。その条件とは、下記のようなものになります。

・ワイドミラー(特定後写鏡)を装着すること・・・車の進路を変更する際、死角にいる後続車からクラクションを鳴らしても、気がつかない可能性がありますし、後方から接近する緊急車両の存在が分からないこともありますので、後方の状況を視認することができるワイドミラーの装着が義務付けられます。

・聴覚障害者標識を表示すること・・・聴覚障害者は、自分の車両の周囲を視覚のみで交通状況を把握することになりますので、周囲の車にも、その存在を知らしめる必要があります。

聴覚障害者標識は、“ちょうちょマーク”などと呼ばれておりまして、車の前後に着けなければなりません。

条件に違反した場合はどうなるの?

上記のような条件を満たすことで、車の免許取得が可能となりました。もし、上記の条件から逸脱してしまいますと、罰金や罰則が科せられることになるでしょう。

また、ちょうちょマークのような聴覚障害者標識を提示している車に対して、幅寄せや割り込みなどの行為を行った者に対しては、やはり罰金や罰則が科せられることになりますので、お気をつけいただきたいと思います。

以上のように、例え難聴という聴覚の障害を持っていたとしても、条件さえクリアすることができれば、車の免許取得は可能なのです。

もし、難聴という聴覚の障害を抱えている方で、車の免許取得を諦めている方がいらっしゃいましたら、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク