病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

突発性難聴に有効な治療方法と重要な意味を持つ治療期間

スポンサーリンク

早期の治療が最も効果的な治療方法

突発性難聴という耳の疾患は、なかなか厄介なところがありまして、治療を開始する時期のことが非常に重要視されるのであります。

要するに突発性難聴は、できるだけ早く治療を始めることが最も効果がある治療方法であるということです。

突発性難聴という病気は、ある意味で“時間との戦い”ということになりますね。それでは、なぜ突発性難聴は時間との戦いになってしまうのでしょうか?そして治療の開始が遅れると、どうなってしまうのでしょうか?

一ヶ月で症状が固定する突発性難聴

突発性難聴という病気の最も懸念される特徴は、聴力が低下している状態は一ヶ月の時間の経過とともに症状が固定されてしまうという点にあります。症状が固定されてしまうということは、治らなくなるという意味です。

だからこそ、突発性難聴は早期に治療を開始することが大切なのであります。

突発性難聴の症状は個人差がありまして、中には難聴の症状が軽度なケースもあるんですね。

そうすると、病院に行かずに放置されて、症状が悪化して症状が固定されてしまうなどということが少なくないのです。

したがいまして、ご自身の聴力を守るためには、少しでも耳に違和感を自覚するようであれば病院に行って検査をける必要があるのです。

治療の開始は48時間以内です

突発性難聴は、理想を言えば48時間以内に治療を開始して、1ヶ月以内に治療を終了させることです。48時間以内の治療開始が間に合わなかった場合、遅くとも2週間以内には治療を開始したいところであります。

ただ、そうは言っても突発性難聴の治療方法は、しっかりと確立されたものにはなっていないんですね。未だ、試行錯誤の状態にあると言ってもよいかもしれません。なぜならば、突発性難聴の原因が、完全に解明されているとは言えないからなのです。

今現在の突発性難聴の治療方法

今現在、突発性難聴に対して行われる治療方法と言いますと、薬物療法ということになります。そして薬物療法で使われる薬には、「ステロイド薬」「ビタミン剤」「代謝賦活剤」「血管拡張剤」「血液循環改善剤」「抗ウイルス剤」「利尿剤」などがあります。

また、薬物療法以外には“高気圧酸素療法”や“星状神経節ブロック療法”などが実施されることもあります。ただし、発症した時に聴力を完全に消失している場合や、重度の難聴の場合は望むような効果を得られないこともあるでしょう。

突発性難聴も症状が軽度であれば、自然治癒する可能性もありますが、それでもやはり大切な聴力を守るためには病院に行くべきですね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク