病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

補聴器のアナログとデジタルの方式の違いや種類とその特徴

スポンサーリンク

アナログ方式とデジタル方式

聴力の低下した人が、その聴力を補うための治具が補聴器です。

補聴器は、装着者の周囲で発生する音をマイクが拾い集めて、その音を増幅したり、あるいは調整するなどして聴覚器官へと伝える役割を担う装置になります。

補聴器には二種類の方式がありまして、それは下記のとおりになります。

・アナログ方式・・・昔から難聴の方のために使われてきた補聴器の方式になります。アナログ方式は、マイクが拾い集めた音をそのまま増幅して聴覚器官へと伝えられます。

・デジタル方式・・・デジタル方式は、マイクが拾い集めた音を一度デジタル信号に変換して調整と増幅を終えてアナログ信号に戻してから聴覚器官へと伝えられることになります。

デジタル方式が優れているところは、アナログ方式ではできないハウリングを抑えることができる点とノイズをカットするような調整ができる点にあります。

ただし、信号を変換する装置を組み込んでいることから、サイズ的には大きくなりますし、費用の面からも高くなってしまいます。

4種類の形状がある補聴器

補聴器には、用途に合わせて4種類の形状的なタイプがありますが、それは下記の通りになります。

・ポケット形・・・補聴器の中では、最も大きなタイプの補聴器になりますが、ボックス形とも箱形とも言われております。形的には、イヤホンで使う携帯ラジオのようなものになります。

ポケット型の補聴器は、「操作がしやすい」「音質が良い」「価格が安い」という特徴があります。

・メガネ形・・・メガネ形の補聴器は、現在使用中のメガネのツルの部分に装着したり、補聴器付きのメガネを購入して使うことになります。メガネ形補聴器の特徴は、装置が落ちにくいことと周囲の人からは補聴器には見えない点にあります。

・耳掛形・・・耳掛形は、耳に引っ掛けて使うタイプの補聴器になります。ヘッドホンで耳かけタイプのものがありますが、あのようなイメージを思い浮かべていただければよいかと思います。

耳掛形の補聴器は、大きさや価格も豊富にラインアップが揃っていますので、ご自身にあった補聴器を選ぶことができるでしょう。

・耳穴形・・・耳穴形は、耳の中にすっぽりと収まるタイプの補聴器になります。耳穴形の補聴器は、補聴器の中でも最小ということもあって最も目立つことのないタイプと言って良いでしょう。

また耳穴形の補聴器は、ボディは小さいものの音質が良いという特徴もあります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク