病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

耳鼻科に行くなど高齢者の補聴器の選び方で注意すべき点

スポンサーリンク

老人性難聴に必要となる補聴器

高齢者の聴力が低下する老人性難聴は、聴力を取り戻すことができないケースが多く、補聴器を使って聴力を補助してあげる必要があります。

聴力が低下した高齢者の方が、補聴器で聴力を補うことの必要性については否定する人はいないでしょう。

しかし、だからと言って補聴器であれば、どれを使っても必ず聴力を補うことができるのかと言えば、そう単純なことではないのであります。補聴器には、色々な種類がありますので、当然のことながら、選び方のポイントというものがあります。

それでは具体的に、補聴器の選び方のポイントとはどのようなものなのでしょうか?

まずは耳鼻科で診察を受けましょう

高齢者が聴力の低下が始まったからと言って、それが必ず老人性難聴であるとは限らないわけであります。もしかしたら、補聴器が必要ないかもしれませんからね。

ということで、聴力の低下が始まってまずやるべきことは、耳鼻咽喉科のある病院に行って診察してもらうことです。耳鼻咽喉科の医師から老人性難聴であると診断されて、初めて補聴器がほんとうの意味で必要となってくるのであります。

自分が置かれている状況を確認する

老人性難聴と診断されたら、その次に補聴器を使う場所や、現状の音の聴こえ方、そしてご自身が使いやすい形状はどのタイプの補聴器かということを考慮に入れる必要があるのです。

補聴器を使う場所というのは具体的に、主たる使用場所が外出時の騒音の中での使用になるのか、家庭内におけるテレビの音や家族の声などが聞こえる程度の環境下での使用になるのかを決めることになります。

また、現状の音の聴こえ方を確認するわけですが、当然のことながら耳の形状にしても音の聴こえ方にしても個人差があります。ということで、補聴器の技術者が常駐するような販売店に行って、頭や耳に響かない音の確認や調整をすることになります。

使いやすい補聴器の形状を考える

そして補聴器の形状についてすが、毎日使うことになる医療器具になりますので、ご自身にとって使い勝手の良いものでなければ困ります。

耳への装着や取り外しがスムーズにできるかどうか、ボリュームの調節は簡単にできるかどうかを確認した上で、使い勝手の良いものを選ぶようにしましょう。

もちろん、初めての補聴器ということであれば戸惑うことばかりかと思いますが、専門家のアドバイスを聞きながら、ご自身にあった補聴器を選ぶようにしていただければと思います。

ちなみに、補聴器を通した音というのは、ある程度の慣れを必要とする方もいらっしゃいます。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク