病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

腎不全とは?腎臓の機能が正常時の30%以下になってしまう病気

スポンサーリンク

腎臓機能が正常時の30%以下

腎臓には、体内の血液中で不要となったものや人体にとって有害となるものを排出するという大切な働きがあります。

ところが腎不全になりますと、腎臓の機能が正常時の30%程度しか稼働することができません

ということは、老廃物や有害物質などをしっかりと排出できなくなってしまうんですね。その結果として、体にむくみという症状が出てくるわけであります。そんな腎不全ですが、実は2種類ありまして、それが「急性腎不全」と「慢性腎不全」なのであります。

それでは、個々に見ていくことにしたいと思います。

急性腎不全と慢性腎不全

急性腎不全とは?
急性腎不全は、事故などの大きな火傷や細菌による感染症、あるいは脱水症状などによって引き起こされることがあります。

また、ストレスで、急性腎不全を発症することもあります。そして、病院での診察の結果、腎臓の機能が正常時の30%以下となっていると、腎不全と診断されます。

慢性腎不全とは?
慢性腎不全は、急性腎不全の慢性化であったり、糖尿病性腎症が進行することで発症することがあります。

人間の体というのは、外部の環境が変化したり食べ物を体内に取り込んでも体温や血糖値、そして血液の酸性度などの人体における生理的な状態を一定に保つ恒常性が備わっています。

ところが、急性にしても慢性にしても腎不全になりますと、腎臓の機能は著しく低下してしまいますので、身体の恒常性を維持することができなくなってしまうんですね。その結果、色々な症状が現れてくるわけです。

【腎不全で表面化する症状】
・身体に現れるむくみ
・酸性化する人体
・高カリウム血症
・上昇する血圧
・貧血


上記の高カリウム血症ですが、血液の中でカリウムの量が増えて濃度が高くなると、心臓が停止してしまうこともあるということ。また、病気が徐々に進行する時は、症状を自覚できない時もあります。

※こちらに続きます。
>>腎不全が悪化してしまった!悪化するとどんな症状が出てくるの?<<



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク