病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

噴門の形成手術が行われることがある逆流性食道炎の治療

スポンサーリンク

生活習慣の改善と薬物療法の実施

逆流性食道炎を発症して病院に行きますと、多くの場合、薬物療法と並行して食生活や生活習慣に対する指導が実施されることになります。

逆流性食道炎の薬物療法では、胃液や十二指腸液の逆流を防止するための薬や胃酸の分泌を抑制する働きのある薬を服用することで治療が進められることになります

食生活を含めた生活習慣を改善しながら、並行して薬による治療が行われるわけですね。ほとんどの患者さんは、このような治療で治すことができますが、中には生活習慣の改善と薬物療法では治すことができない患者さんもいらっしゃるのです。

逆流性食道炎発症のメカニズム

逆流性食道炎を発症するメカニズムと言いますと、胃液や十二指腸液などが食道にまで逆流してくることで引き起こされることになります。なぜこのような逆流が起きるのかと申しますと、逆流防止機能が低下しているからなんですね。

さらに、食べたものを消化する過程で必要な胃や腸の蠕動運動の能力が低下することで、消火活動に支障が出てしまって逆流することもあるのです。

逆流性食道炎を発症する原因や、その症状には大きな個人差が見られることもありますので、患者さんの状況によっては薬物療法では症状を改善できないこともあります。そんな時は、外科的な手術という選択肢が現実味を帯びてくるわけですね。

逆流性食道炎の具体的な手術の方法

逆流性食道炎の手術と言いましても、開腹するようなケースはそれほど多いわけではありません。実際に行われている逆流性食道炎の手術は、内視鏡や腹腔鏡を駆使して実施されることが多いのであります。

ただし、これらの手術も病状や状況によっていくつかの方法がありまして、最も多い事例としましては、“ニッセン法”と呼ばれる手術をあげることができます。

私たちのカラダには、食道と胃を繋ぐ部分に逆流を防ぐための噴門と呼ばれる筋肉が存在します。逆流性食道炎は、この噴門の能力が低下することで起きておりますので、この部位を形成するために行われる手術がニッセン法なのです。

ところが、このようなニッセン法の手術を行ったという経験を持つ医師は少なく、医師であれば誰でもできるという手術ではありません。聞くところによりますと、日本の国内でニッセン法の手術ができる医師は数名しかいないということです。

ニッセン法いがいにもいくつかの方法がありますが、実際に手術を受ける必要があるということであれば、経験豊富な医師にお願いしたいですよね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク