病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

食事内容を改善することで可能な逆流性食道炎の予防法

スポンサーリンク

予防が可能な逆流性食道炎

以前、女優の石井あみさんと俳優の筧利夫さんが“逆流性食道炎”に関わるテレビCMに登場したころで、逆流性食道炎(逆食)の名称は、一躍世の中の認知度をあげることになりました。

このCMでは、呑酸(どんさん)と呼ばれる症状に触れていましたが、あの口に中が酸っぱくなる症状というのは、できれば予防したいものですよね。

世の中には、癌や脳腫瘍のように予防できない病気もありますが、逆流性食道炎とか生活習慣病などの病気は、自らを律して食生活を含めた生活習慣を改善することで予防は可能なことなのであります。

それでは具体的に、逆流性食道炎を予防するためには日常生活をどのように改善したらよいのでしょうか?

食事内容の欧米化が招いた逆食

生活習慣病にも同じことが言えるのですが、逆流性食道炎を発症する最大の原因は問題があり過ぎる食事内容にあるんですね。

日本人の食生活が欧米化する前の野菜中心の食生活だった日本では、実は逆流性食道炎を発症するような人はほとんどいなかったのであります。

日本人の間で、テレビCMの題材になるほど逆流性食道炎を発症する患者さんが増えたのは、食事内容の欧米化とともに生活習慣が乱れたからに他なりません。

逆流性食道炎の具体的な予防法

逆流性食道炎を予防するためには、暴飲暴食は論外としても外食をしていると、どうしても脂肪分や刺激物の多い食べ物を摂取することになりますので、逆流性食道炎を起こしやすくなってしまいます。

そうはならないためにも、できるだけ外食を避けて消化の良い食材を使った和食を中心とした食事内容にする必要があります。

また、アルコールも逆流性食道炎の原因になりやすい飲み物ですので、できるだけ控えるようにしましょう。アルコールは、胃からの逆流を防ぐ役割をになっている噴門括約筋や幽門括約筋などの筋力を弱めてしまうのです。

また、ゲップを誘発するコーラのような炭酸飲料も、胃酸を逆流させやすくなりますので控えた方がよいでしょう。

成人病予防にもなる食事内容の改善

上記で説明している逆流性食道炎を予防する、あるいは逆流性食道炎の症状を改善できるような食事内容というのは、成人病の予防やダイエットにも繋がります。

どうしても、逆流性食道炎を発症するような人というのは、見た目はともかくとして体脂肪率が高い傾向にあります

体脂肪率が高いということは、内臓脂肪がたくさん臓器に付着している可能性が高くなりますので内臓の働きまで弱まってしまいます。ということで、食事内容を改善して健康的な体質に変えることが大切なのです。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク