病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

逆流性食道炎の治療に効果がある漢方薬と必要な期間

スポンサーリンク

日本独自に発展した漢方薬

漢方薬は、伝統中国医学の一種として中国から伝わりましたが、鎖国時代を経たことから日本独自に発展したしたという経緯があります。

また日本には、医薬品医療機器等法が存在することから、漢方薬の成分分析が必要となってさらなる進化を遂げたのであります。

その結果、中国にも存在しない非常に優れた漢方薬があるわけです。ということで、漢方薬には逆流性食道炎の症状を改善する効果を期待できる漢方薬があるんですね。

逆食の根本的な治療ができる漢方薬

ただし漢方薬はその性質上、症状を直接的に改善する対症療法的な治療薬ではなく、元凶となる原因に対して治療を行っていくことになります。

具体的に言いますと、逆流性食道炎の治療における西洋医学の薬は、胃酸の分泌を抑制したり、あるいは強力な酸を中和させるような効果があるものが使われます。

それに対して漢方薬は、体質を変えることで自然治癒力や免疫力を高めて健康的な胃や食道を取り戻すことを目的としているわけであります。

期間が必要となる体質の改善

漢方薬の特徴には、「血行促進効果」「消炎効果」「鎮静効果」などがありまして、これらの効果により身体的に発生している異変に対応するのであります。

体質を変えるということは、一日や二日などという短期間で漢方薬を服用してもできません。要するに漢方薬には即効性がないということになります。

体質を変えることで逆流性食道炎の症状を改善するためには、ある程度の期間、漢方薬の服用を続ける必要があるわけです。

そして実際に、漢方薬の服用を長期間続け体質をた結果、変えることに成功して逆流性食道炎の症状が改善されたという事例はたくさんあります。

逆流性食道炎に効果がある漢方薬

逆流性食道炎の症状を改善するためには、下記のようなタイプの漢方薬を服用すると良いでしょう。

・代表的な逆流性食道炎の症状である「胸焼け」や「胃もたれ」などの症状を緩和させる。
・症状を抑えながら、自然治癒力や免疫力の向上を図って根本的な治療を行う。
・病院での薬物療法と並行して体質を変えていく。

ちなみに、逆流性食道炎に効果があると言われている漢方薬には、下記のようなものがあげられます。

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
・星火健胃錠(せいかけんいじょう)
・甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)
・六君子湯(りっくんしとう)
・大柴胡湯(だいさいことう)
・黄連湯(おうれんとう)
・茯苓飲(ぶくりょういん)

ただし逆流性食道炎も重度の場合は、病院で実施される薬物療法を最優先すべきです。また、実際に漢方薬を服用するのであれば、必ず医師と相談するようにしましょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク