病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

腎不全が悪化してしまった!悪化するとどんな症状が出てくるの?

スポンサーリンク

溜まり続ける老廃物

腎不全になりますと、腎臓の機能は著しく失われてしまいます。というよりも、機能の低下が激しいことから腎不全と診断されるわけであります。

具体的な数字で言えば、70%以上も機能が低下した状態が腎不全なんですね。そうすると、腎臓というのは老廃物の排出処理という役割を担っているわけですから、それが機能しないということになりますと、老廃物は体内に溜まり続けてしまうわけであります。

老廃物が溜まった状態の人間の体というのは、アルカリ性を維持することができなくなって、徐々に酸性化が始まってしまいます。人体は、酸性に近づく度合いが大きくなるほど、免疫力は低下してしまうのです。

免疫力の低下は、身体に悪影響を及ぼして色々な症状が出てくることになるわけです。

免疫力の低下による症状とは?

免疫力の低下によって現れてくる症状には、下記のようなケースをあげることができます。

【免疫力低下による症状】
(1)疲れやすくなる
(2)病気になりやすい
(3)むくみが現れる
(4)電解質の調整ができなくなる


免疫力低下すると、疲れやすくなりますし、病気を発症しやすくなります。また、むくみが体に現れたりします。

人間の体というのは、食べ物を食べたり飲み物を飲んだりして、体内に色々なものを取り込んだとしても、その量如何に関わらず 体液に関しては一定に維持されているわけです。それもまた腎臓の働きによるものなんですね。

もし腎臓が腎不全となると、電解質の調節が行なわれなくなってしまいます。そうすると、体液の濃度を一定な状態に維持することができなくなるわけです。

体液の濃度が一定に保たれないと、不整脈や最悪の場合は心肺停止など引き起こす可能性があるわけでしょう。また、高カリウム血症を引き起こす可能性もあります。その他の症状としましては、貧血になったり血圧が高くなったりします。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク