病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

治療の長期化が避けられない急性腎不全から慢性腎不全への移行

スポンサーリンク

腎不全には、急性腎不全と慢性腎不全があります。

急性腎不全を発症して、それを慢性化させてしまうと慢性腎不全になってしまうわけです。

ただし、慢性腎不全の原因は、急性腎不全からの移行だけではありません。慢性腎不全は、その治療が長期化することは避けられません。それでは、急性と慢性の腎不全の原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

ということで、急性及び慢性腎不全原因について、ご説明させていただきます。

急性腎不全の原因

急性腎不全は、充分な量の血液が腎臓まで届かなくなることで発症します。具体的に、どのようなケースがあるのかと言えば、交通事故をあげることができます。また、全身に麻酔をかけて行なわれる手術でも起こり得ることです。

上記で触れた交通事故についてですが、その事故の規模が小さなものであったとしても、直接腎臓に怪我を負ったりすると急性腎不全になることもあります。

また、急性腎不全は他の病気の合併症として発症することがあります。例えば、前立腺肥大症などは急性腎不全の原因となります。それは、尿の排泄が困難になることで引き起こされるからなのであります。

慢性腎不全の原因

慢性腎不全は、何かしらの病気が腎臓で進行することでも引き起こされることがあります。例えば、腎臓の機能が低下する病気として、慢性糸球体腎炎や悪性腎硬化症などをあげることができます。

しかしながら、慢性腎不全の原因として最も多いのは、糖尿病の合併症として発症するケースです。糖尿病の進行によって、腎臓の機能が大きく低下することで発症する腎臓病を糖尿病性腎と言います。

糖尿病の方は、その病気が進行するということは、慢性腎臓病を発症する危険が近づいてしまうことを意味するわけであります。

慢性腎臓病は、非常に厄介な病気でありまして、この病気を発症すると完治させることは非常に難しいと言われております。糖尿病を患う方は、慢性腎臓病を発症する危機が迫っていることを認識していただきたいと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク