病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

膝や股関節、そして肘などの人工関節手術の具体的な内容

スポンサーリンク

関節痛で人工関節手術という選択肢

関節痛の症状も、まだそれほど酷い状態でなければ保存療法で治すことができるでしょう。

しかしながら、関節痛を保存療法で治すことができるのも限度というものがあるわけです。

例えば関節痛は、悪化させて症状が酷い状態になりますと、変形することがあるんですね。このように、関節が変形してしまった状態の関節痛では、いくら保存療法を行っても治すことはできないでしょう。

このような関節が変形するというような段階にまで進捗してしたケースでは、担当の医師から人工関節手術をすすめられることがあります。

それでは具体的に、人工関節手術とはどのような手術になるのでしょうか?

関節痛治療における人工関節手術

関節痛は、悪化させて関節が変形することで痛みという症状が出てくることがあります。

このようなケースでは、変形したり、あるいは痛みのある部位を外科的な手術によって取り除いて「セラミック」「プラスチック」「金属」などで作られたインプラントと呼ばれる人工関節で置き換えるような手術が実施されることがあります。

このような患部を人工関節で置き換える手術のことを人工関節手術と言います。人工関節手術を実施することで痛みの発生源を取り除くことができますので、手術が成功すればその効果は絶大なのです。

また、この手術により他の関節にかかっていた負荷が大きく軽減するという効果もあります。

いくつかの種類がある人工関節手術

人工関節手術には、下記のような種類があります。

・最小侵襲(しんしゅう)人工関節置換術
・人工膝関節片側置換術
・人工膝関節全置換術
・人工股関節全置換術
・人工肘関節置換術

人工関節手術には、上記のような種類がありますが、このような手術は全ての患者さんが受けられるわけではありません。患者さんの症状には、大きな個人差がありますから当然のことですよね。

患者さんの病状によって手術が適合するのかどうか、また、どの関節を置き換えたら良いのかということは患者さんごとに異なってまいります。

ただ、間違いなく言えることは関節の変形が始まっている場合は、放置することで症状が進行することになります。もし本当に、人工関節手術を受けるということであれば、極力関越の損傷が進行しないうちにお願いした方がよいでしょう。

リスクを伴う人工関節手術

人工関節手術に限りませんが、手術と名がつくものには必ずリスクが伴います。このような人工関節手術に伴うリスクには、下記のようなケースがあります。

・細菌への感染症
・深部静脈炎
・人工関節のゆるみや損傷

また、人工関節手術に必要となる費用は、けっして安いものではありません。したがいまして、関節痛の治療で手術を検討するのであれば、医師とよく相談するべきですね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク