病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

膝痛治療の最後の手段である人工膝関節手術に必要な費用

スポンサーリンク

最後の手段である人工膝関節手術

膝関節に痛みという症状を抱えていて、悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

もちろん、放置したわけではなく病院で治療を受けて、薬物療法による消炎鎮痛剤などを使った治療やリハビリの実行などで症状の改善を図られている方がほとんどだと思います。

そんな膝痛も、様々な治療に取り組んでいるのにもかかわらず、症状があまり改善しないで、痛みが慢性化することもあるでしょう。さらに痛みが悪化して、日常生活にまで影響を及ぼすような場合は、医師から人工膝関節手術をすすめられることがあります

膝の関節痛を治療するにあたっては、人工膝関節手術は最後の手段と言ってよいでしょう。

人工膝関節手術の具体的な手術内容

人工膝関節手術というのは、実際にどのようなことが行われるのかと申しますと、簡単に言えば患部である膝関節付近を切開して、該当部位を取り除いて人工関節を埋め込むことになります。

人工膝関節手術の実施にあたっては、悪い部分を取り除いて人工膝関節を埋め込むわけですから、膝表面の皮膚を12~15cmくらい切開する必要があります。

膝の皮膚を切開する言から始まって、人工関節への置き換え作業と、その後の縫合という流れが人工膝関節手術の流れということになります。

この膝関節付近の皮膚を切開するというお話を聞いただけで、痛みを想像して絶句してしまうかもしれませんね。

しかしながら、このような手術は全身麻酔を使って実施されますから、手術後の麻酔が切れた段階は別として手術中に痛みを感じることはないでしょう。

人工膝関節手術に要する時間と費用

人工膝関節手術は、專門の外科医が行うことになりまして、手術に要する時間は約1時間15分~1時間半程度となります

ただ、手術が終わったらすべてが終わるというわけではなく、患部へのレントゲン撮影などの手術に対する確認作業もありますので、病室に戻れるのは2~3時間くらいはかかってしまうでしょう。

また、手術に必要となる費用に関しましては、病院によって異なりますが、だいたいのところ手術だけで60万円程度かかると言われております。

手術だけで60万円ですから、それに加えて入院費用や術後のリハビリなどもありますので、総額としては200~220万円くらいは覚悟する必要があるでしょう。

もちろん、人工膝関節手術は健康保険が適用となりますから、後からある程度の金額は還付されることになりますが、それでも一時的には全額退院時までには支払うことになります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク