病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

お酒を飲むことで起きる関節痛の治し方と対処の方法

スポンサーリンク

飲酒すると関節痛が起きませんか?

二十歳そこそこの若い方であればともかくとして、ある程度の年齢になった人というのは、お酒を飲んでしばらく時間が経過すると関節痛が起きるという方は、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

それこそ、中高年と呼ばれるような世代となった、あなたは、そんな経験はお持ちではないでしょうか?

会社の帰りに仕事仲間と楽しくお酒を飲んだのはよいでのですが、関節が痛くなってなかなか寝付けなかったなどということもあるかと思います。

そんな経験をお持ちの方からすれば、お酒は関節痛と何かしらの関係があるのではないかと考えますよね。

ハッキリと言わせていただきますが、お酒を飲んでアルコールを摂取するという行為は、関節痛と深い関係があるのです。

ビタミンを大量消費するアルコール

たくさんのお酒を飲むことで過剰にアルコールを摂取すると、ビタミンB1が大量に消費されることになります。そしてこのビタミンなのですが、実は不足すると神経が過敏な状態になってしまうんですね。

神経が過敏な状態になるとどうなるのかと申しますと、当たり前のことではありますが、痛みに対して敏感に反応するようになるわけです。

神経が過敏に反応するわけですから、関節痛も悪化するのですが、それだけではなく筋肉痛が起きることもあるんですね。

ということで、お酒をたくさん飲んでアルコールを過剰に摂取するということは関節痛や筋肉痛を悪化させることになるのであります。

それでは、お酒を飲んでも関節や筋肉が痛くならないようにするためには、どのように対処したらよいのでしょうか?

お酒を飲んだ時の関節痛を防ぐ方法

お酒を飲むと関節痛が悪化するというのは、お酒好きの方からすれば重大な問題になるかと思いますが、お酒を飲むときに一工夫することで防ぐことができます。

要するにアルコールの過剰摂取で大量にビタミンが失われてしまうわけですから、関節痛を防ぐためにはビタミンB1を補給してあげればよいわけですね。

関節痛の悩みを抱えている方は、お酒を飲むときはビタミンB1が豊富に含まれているおつまみを食べるようにするようにしましょう。

ビタミンB1を豊富に含む食べ物としましては、「うなぎ」「豚肉」「グリンピース」などをあげることができます。

また、日常的にお酒を飲む習慣がある方は、日常的にビタミンB1が不足している可能性が高いので、サプリメントを服用するという方法もありますね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク