病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

関節痛に効果がある市販薬と病院の薬物療法で処方される薬

スポンサーリンク

関節痛の症状を抑える抗炎症薬

関節痛の悩みを抱えた方が整形外科がある病院に行きますと、原因を探るためにレントゲン撮影を始めとした様々な検査が行われたりします。

そして多くの場合、その患部の痛みに対処するために薬が処方されることになるでしょう。

一般的に申しまして、病院の整形外科からは、患部の炎症を抑えるために抗炎症薬が処方されることになるはずです。

関節痛というのは、患部である関節が、何かしらのことが原因となって炎症が発生して痛みという症状が生じているんですね。そんなことから、まずは痛みの原因となっている炎症を抗炎症薬で抑えこんでしまおうというわけです。

一つの種類だけではない抗炎症薬

抗炎症薬というのは、けっして一つの種類だけではありません。いくつかの種類があるんですね。具体的に言いますと「ステロイド製剤」と「非ステロイド性抗炎症薬(消炎鎮痛剤)」ということになります。

関節痛の原因となって激しい痛みを伴う関節リウマチの痛みを抑えるにあたっては、非常に効果が高いことからステロイド製剤が処方されることが多いのですが、残念なことにステロイド製剤は多くの場合、副作用を伴います

関節痛の症状がそれほど酷いものでなければ、内服薬や外用薬となっている非ステロイド性抗炎症薬が処方されることになることになるでしょう。

種類がある非ステロイド性抗炎症薬

具体的な非ステロイド性抗炎症薬には、下記のようなものがあります。

・アスピリン
・ロキソプロフェンナトリウム
・イブプロフェン
・インドメタシン

上記の薬の中には、市販薬としてドラッグストアなどで販売されているものもあります。

患部に直接注射することもあります

関節痛も、外用薬や内服薬で症状がなかなか改善しない場合は、患部に対して直接薬剤を注入するために注射を打つことがあります。患部に直接注入する薬としましては、ステロイド剤やヒアルロン酸などあげられます

関節痛も、一時的に起きているケースと断続的に起きるケースがありますが、仮に一時的な関節痛であれば、市販薬で治すことができる場合もあります。

しかしながら、治療が長期化するようであれば全額自己負担となる市販薬では経済的な負担が大きくなりまし、根本的な治療となっていないことも考えられますので、やはり整形外科のある病院で専門医から治療を受けた方がよいでしょう。

市販薬に固執していますと、逆に症状を悪化させてしまうこともありますので、ご注意いただきたいと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク