病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

膝痛の症状を改善することができる足に存在するツボ

スポンサーリンク

身体的な不調を整えるツボへの刺激

身体的な不調に対して、ツボを刺激することで症状を改善できることは少なくありません。

ツボへの刺激で身体的な不調を整えることができるからこそ、鍼灸医院の経営が成り立っているわけですからね。

そんなツボへの刺激なのですが、自分の手が届かない場所や、ツボへの刺激の手段として鍼や灸を使わないのであれば、鍼灸院に行かなくても自分で治療することができます。

それでは、自分でできる膝痛の症状を改善するツボはあるのでしょうか?

膝痛の改善に効果を期待できるツボ

膝痛の症状改善に効果を期待できるツボとしましては、下記のようなものがあります。

・湧泉(ゆうせん)
・足三里(あしさんり)
・内膝目(ないしつがん)

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・湧泉(ゆうせん)・・・湧泉と呼ばれるツボは、上記の画像にもあるように、足の裏側にあります。中心よりも少しばかり上の方で、人という字筋が交わるところに位置するツボになります。

このツボを刺激する場合のコツは、指あるいはゴルフボールを使って少々強めにしっかりと押してあげましょう。湧泉と呼ばれているツボは、膝痛の症状全般に効果があると言われております。

・足三里(あしさんり)・・・足三里と呼ばれているツボは、すねの外側で膝の少し下あたりに位置するツボになります。このツボは、膝の外側に発生しているツボに効果があると言われております。

足三里を刺激するにあたってのコツは、指で少しばかり強く押すことです。

・内膝目(ないしつがん)・・・内膝目と呼ばれているツボは、膝の皿下方で内側の窪みに位置するツボになります。このツボを刺激することで、膝の内側に発生している痛みの症状を緩和させることができると言われております。

また内膝目は、腰痛に対しても効果があると考えられています。

酷い場合は鍼灸院に行きましょう

膝痛の症状も、それほど酷くなかれば自分で刺激したり、あるいはご家族にお願いするのもよいでしょう。しかしながら、症状が酷い場合は、やはり專門である鍼灸院にお願いした方がよいでしょう。

もちろん、整形外科で治療を受けていることが大前提になります。膝の状態によっては、鍼灸院での治療で症状が悪化する可能性もありますからね。

膝痛は、症状が酷い場合は歩くことも難しくなりますので、日々の暮らしにも支障がでてしまいます。したがいまして膝痛は、できるだけ初期の段階で治療する必要がありますね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク