病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

変形性膝関節症治療における手術という選択肢とその種類

スポンサーリンク

完治することが少ない保存療法

膝痛の原因が変形性膝関節症であることが明らかとなった場合、その状態がよほど酷いものでない限り、一般的にはいきなり手術ということではなく、保存療法が施されることになるでしょう。

変形性膝関節症の保存療法と言いますと、要するに“症状の進行にストップをかける”という治療のことですね。

しかしながら変形性膝関節症は、薬物療法やリハビリテーションを行ったとしても、多少改善されることはあったとしても、大幅な症状の改善、ましてや完治ということになることはほとんどないと言ってよいでしょう。

そんなことから、変形性膝関節症の治療で根本的な治療を希望する場合は、外科的な手術を検討する必要があるでしょう。

種類がある変形性膝関節症の手術

変形性膝関節症の外科的な手術には、いくつかの種類がありまして、具体的に言いますと、下記のような方法があるんですね。

・高位脛骨骨切り術
・片側人工膝関節置換術
・人工膝関節全置換術

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・高位脛骨骨切り術・・・変形性膝関節症と言いましても、骨や軟骨の変形した状態が比較的に軽度ということであれば、高位脛骨骨切り術と呼ばれる手術の方法が採用されることになるでしょう。

高位脛骨骨切り術は、変形した状態にある脛骨の形状を手術で矯正してあげるという方法になります。脛骨の形状を矯正することで、膝関節への負担を大きく軽減させることができます。

・片側人工膝関節置換術・・・変形性膝関節症の症状が進行して、骨のすり減り具合や損傷が酷いケースで実施される手術の方法が片側人工膝関節置換術になります。

この片側人工膝関節置換術では、変形したり、あるいは損傷の酷い関節の表面を部分的に事前に用意した部品で置き換えてしまうという手術の方法になります。

置き換える部品は、金属などで作られた加工品であり骨の代わりに膝へと埋め込むことになりますので、患者さんによっては膝関節に違和感を覚える方もいらっしゃいますが、少なくとも関節は元に近い形で治まります。

・人工膝関節全置換術・・・膝関節の状態が、片側人工膝関節置換術では対処できないほど悪化している場合は、人工膝関節全置換術と呼ばれる手術が行われることになります。

人工膝関節全置換術では、部分的に部品で置き換えることになるのですが、人工膝関節全置換術では、文字通り関節の表面全てを置き換えることになる、かなり大掛かりな手術ということになります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク