病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

ダイエットができて膝痛を改善する効果があるウォーキング

スポンサーリンク

膝痛改善に効果があるウォーキング

膝痛対策として、様々な方法に取り組んでいる方たちがいらっしゃいますが、その方たちの中には、ウォーキングを実行することで膝痛の症状を改善させることに成功した人が少なくありません。

ハッキリと言わせていただきますが、ウォーキングは膝痛の症状を改善する効果を期待できるのであります。

身体的な不調を、運動療法を行うことによって改善するケースというのは、けっして珍しいことではありませんが、患部である膝関節を稼働させることになるウォーキングが、なぜ膝痛に効果があるのでしょうか?

膝周辺の筋肉を鍛えるウォーキング

そもそものお話ですが、膝痛の原因の一つに膝関節周辺の筋肉の衰えをあげることができます。膝関節周辺の筋肉が衰えますと、関節の部分だけで自体重を支えることになりますから、これは関節にとっては深刻な事態でもあるんですね。

そんなことから膝痛対策として考えた場合、膝関節に適度な運動をさせることは有効なことなのであります。

もちろん、膝関節を運動させると言っても、激しい運動は論外ですから、膝痛の症状を悪化させないで、尚且つ膝関節周辺の筋肉を鍛える意味ではウォーキングが適しているのであります。

有酸素運動であるウォーキング

ウォーキングというのは、身体的にかかる負担がかるいにもかかわらず、しっかりとした有酸素運動でもあるんですね。

その一方で、膝痛の原因の一つに肥満をあげることができます。肥満を改善するためには、食事療法と運動療法を行うことが大切なのですが、肥満解消のために行う運動は、有酸素運動であるべきなんですね。

そしてウォーキングは、しっかりとした有酸素運動なわけですから、膝痛の原因でもある肥満対策にもなるわけであります。

血液の流れを良くするウォーキング

ウォーキングというのは、前述した通り有酸素運動になります。そして全身運動でもあるんですね。全身を使った有酸素運動は、血液の循環を良くしてくれますし、心肺機能を高めてくれることから血管の老化を防ぐ効果も得られるのであります。

血管の老化を防ぐことができれば、老化が原因の膝痛対策にも繋がりますので、そういう意味でもウォーキングは膝痛に良い効果があると言えるのです。

膝の痛みを軽減させることを目的した場合は、1日に20~30分程度のウォーキングを週に3回くらい行うと良いでしょう。

また、ダイエットを目的とするのであれば、1日に30~60分程度のウォーキングを毎日実行したいところですね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク