病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

膝痛の治療で病院から提供される痛み止めなどの処方薬

スポンサーリンク

重度でない場合に処方される外用薬

膝痛の悩みを抱えた方が治療を受けるために病院に行きますと、症状が重度でない場合は処方薬として湿布や軟膏などの外用薬が提供されることになるでしょう。

要するに病院からは、貼り薬や塗り薬が処方されるということですね。

膝痛が起きている患部に対して、湿布や塗り薬をつけてあげることで皮膚からは非ステロイド系消炎鎮痛剤が浸透して吸収され炎症を抑えたり、あるいは鎮痛の効果を得ることができるわけであります。

内服薬が処方されることもあります

膝痛の患者さんの状態によっては、外用薬だけでは痛みを抑えることができない場合もあります。そんな時は、内服薬が処方されることになるでしょう。膝痛の痛みを抑えるために、病院から処方される内服薬には非ステロイド系消炎鎮痛剤があります。

非ステロイド系消炎鎮痛剤の内服薬を服用することで、痛みや炎症の症状を抑えることができるのですが、しかしこの薬には副作用がありまして、胃腸障害を伴うことが多いのであります。

そんなことから、非ステロイド系消炎鎮痛剤の内服薬と一緒に胃腸薬が処方されることも少なくありません。ただし、患者さんに持病があったりしますと、内服薬は処方されないこともあるんですね。

このような持病があって内服薬を服用することができない患者さんに対しては、座薬が処方されることがあります。座薬というのは、あまり胃腸に負担がかかることもありませんし、内服薬と比較した場合、鎮痛効果が高いという利点もあります。

痛みが酷い時のヒアルロン酸注射

膝痛の症状が酷い場合や、あるいは治療の期間が長期化するケースでは、患部である膝関節の内部にヒアルロン酸やステロイド剤を注射で直接注入するという治療が行われることがあります。

膝痛の治療で実施される薬物療法で、薬を患部に直接注入することは、けっして珍しい治療の方法ではありません。

膝関節が正常に機能するためには、非常に大切な成分であるヒアルロン酸は、年齢と共に失われてしまいます。そんな状態にある時、関節の内部に直接ヒアルロン酸を注射で注入する治療の方法は、膝関節の機能を回復させるためには非常に効果がある方法なんですね。

膝関節の機能が回復すれば、その分痛みの症状も緩和されるでしょう。さらに言えば、ヒアルロン酸を直接注入するという治療は、副作用が少ないという大きなメリットもあります。

強い痛みを抑えるステロイド剤注射

膝関節の痛みが強い時は、注射でステロイド剤を直接患部に注入する治療が行われることがあります。ステロイド剤は、強い痛みを即効性を持って抑えることができるんですね。

しかしながら、ステロイド剤を注入すると副作用として高血圧や不整脈などの副作用を起こす可能性が高くなってしまいます。ということで、この治療はあまり安易に行うことができる治療とは言えません。

ちなみに、関節注射は感染症を起こすリスクがあると言われていますので、患部周辺の皮膚は清潔にしておく必要があるでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク