病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

膝の痛みが治まらなくて!膝痛に効く漢方薬ってあるの?

スポンサーリンク

漢方薬で改善できる膝痛の症状

膝痛という症状を改善させるためには、様々な方法があります。例えば、西洋医学における痛み止めのような薬であれば、一時的ではあるにせよ痛みを抑えることができるでしょう。

しかしながら、膝痛の症状を継続的に抑えるためには痛み止めの薬もまた、使い続けなければなりません。

そうはならないためには、膝痛の根本的な原因に対処する必要があります。そのために行われる方法が運動療法だったりするわけですね。

しかしながら、膝痛の症状を抑えるためには漢方薬を使ってみるという方法もあります。漢方薬は、身体的な不調を体質を変えることで整えるという方法ですから、膝痛を根本的に治すことができる可能性があるのです。

それでは具体的に、膝痛の症状を改善できる漢方薬には、どのようなものがあるのでしょうか?

膝痛に効く漢方薬とは?

膝痛に効く漢方薬には、下記のようなものを例としてあげることができるでしょう。

・芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
・防巳黄耆湯(ぼういおうぎとう)
・桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

それでは、個々に取り上げさせていただきますね。

・芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)・・・芍薬甘草湯と呼ばれる漢方薬は、膝関節周辺の筋肉の血液循環を改善したり、あるいは筋肉を弛緩させる作用があります。

したがって、膝痛の改善はもとより、ふくらはぎの痛みはコリという症状や足をよくつるなどの症状に悩まされている人に効果を発揮してくれるでしょう。

・防巳黄耆湯(ぼういおうぎとう)・・・膝痛の悩みを抱えている方の中には、関節に水が溜まることが少なくありません。そんな時、防巳黄耆湯と呼ばれる漢方薬にはカラダの中に溜まっている余分な水を排出する作用があることから、おすすめと言えますね。

・桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)・・・桂枝加朮附湯と呼ばれる漢方薬には、炎症や強い痛みなどの症状を抑える効果を持っていることから、炎症が起きている膝痛には打って付けの漢方薬と言えるでしょう。

さらに言えば、この漢方薬にはカラダを温める働きもあることから、冷えが原因の痛みにも改善の効果を期待できます。

以上のように、膝痛の症状の効くと言われる漢方薬はありますし、実際に漢方薬で膝痛の症状が良くなったという方はたくさんいらっしゃいます。しかしながら、膝痛の悩みを抱えている全ての方に効果があるわけではありません。

漢方薬は、患者さんの体質や体重、体型などの合わせて処方されるものですが、やはり中には合わない方もいらっしゃいますので、実際に漢方薬を使用する場合は、しっかりと専門の医師に診察してもらってからにしてくださいね




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク