病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

有酸素運動のウォーキングを行って膝痛を改善させましょう

スポンサーリンク

1キロの体重増は3キロ以上の負担が増える膝関節

もし、肥満体型の方が膝痛の悩みを抱えている場合は、これはもう理屈抜きでダイエットが必要であることは誰の目からみても明らかでしょう。

なにしろ、両方の膝関節にのしかかる体重という負荷は、1キロ増えるごとに3キロ以上もの負荷が増えると言われているんですね。

自身の体重増は、両膝関節に3倍もの負担を増やす結果を招くのであります。これでは、膝関節もたまったものではないでしょう。体重が増えれば増えるほど、膝関節はさらなる悲鳴をあげることになるのです。

ハッキリと言わせていただくとすれば、肥満体型の人は起きている間は常に膝関節を酷使していることになるのであります。

年齢と伴に摩耗する膝関節の軟骨

私たちの膝関節には、外部からの衝撃に対してクッションの役割を担っている軟膏と呼ばれる組織がありますが、この軟骨は年令と伴に摩耗してしまうんですね。そうすると、どうしても膝痛という症状が現れやすくなるのであります。

また、日常的に運動不足の状態にある方は、当たり前のお話ではありますが、筋肉が衰えてまいります。人間の体重は、膝の関節だけで支えているわけではなく関節周辺の筋肉がサポートしているのであります。

要するに、膝関節周辺に存在する筋肉は、言ってみれば天然のサポータなのであります。しかしながら、筋肉が衰えますと天然のサポーターとしての役割を果すことができいなくなるです。

以上のように、年齢を重ねたり、あるいは日常的に運動不足だったりしますと、軟骨は摩耗しますし、筋肉も衰えることから膝痛の症状が現れる可能性がかなり高くなってしまうんですね。

そんな状況下で、肥満体型となってさらなる負荷が膝の関節にのしかかってきたら、それこそひとたまりもないと言えるのであります。

ダイエットが必須となる肥満体型の人の膝痛

もし肥満体型の人が膝痛の悩みを抱えているということであれば、その症状を改善させるためにはダイエットは必須となります。

肥満体型の人が、そのままの生活を送るということは、膝関節の酷使を毎日続けることになります。これでは、どんな名医に治療を施してもらっても治ることはないでしょう。

ということで、膝痛の症状を改善させるためには、有酸素運動であるウォーキングを行って脂肪を燃焼させてダイエットをすること、そしてウォーキングを行うことで膝関節周辺の筋肉を鍛えることができますので、一石二鳥の効果を得ることができるのであります。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク