病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

膝痛の予防や症状を改善する効果が得られる運動とは?

スポンサーリンク

膝痛の予防や症状の改善に効果がある運動療法

身体的な不調を、運動療法を行うことで改善することができるケースは、けっして少ないものではありません。例えば、肩こりや腰痛などのように筋肉の衰えや異変などが原因に関係している場合は尚更でしょう。

そして膝痛なのですが、この症状もまた運動療法によって改善することができるケースが多いのであります。

ただ、運動と言いましても様々な種類のものがありますので、膝痛対策としてはどの種類の運動が適しているのか分からないかもしれませんよね。それでは具体的に、膝痛の予防や症状を改善させることを期待できる運動には、どのようなものがあるのでしょうか?

膝痛対策として効果がある3種類の運動

膝痛対策として運動を考えた場合、下記のような3種類の運動がおすすめであると言えるでしょう。

・筋力トレーニング
・ストレッチ体操
・全身運動である有酸素運動

それでは、個々に取り上げさせていただきますね。

・筋力トレーニング・・・そもそものお話ですが、膝痛というのはひざ関節周辺の筋力が低下することも原因の一つになっているんですね。なぜならば、膝関節周辺の筋肉というのは関節を保護する天然のサポーターでもあるからなのであります。

ということで、筋力トレーニングを実行することで膝関節周辺の筋肉を鍛えることができれば、自体重を支えている関節をサポートすることができますので、結果として関節にかかる負担を軽減させることができるのです。

要するに、膝関節周辺の筋肉を強化することで関節にかかる負担を軽減できる分、痛みもまた軽減されるということになりますね。

具体的な筋力トレーニングの種類としましては、大腿部やふくらはぎの筋肉を鍛えるようなトレーニングがおすすめです。

・ストレッチ体操・・・膝痛の悩みを抱えている方というのは、膝関節周辺は血液の循環が悪い状態にあります。それに対してストレッチ体操は、血液の循環を良くする効果が得られるんですね。その結果、膝痛の症状を軽減できるのであります。

実際の運動のやり方としましては、ゆっくりとしたペースで大腿部やふくらはぎを伸ばす運動を行ってみると良いでしょう。

・全身運動である有酸素運動・・・全身運動の有酸素運動と言いますと、ジョギングやスイミングなどがありますが、最もおすすめの運動は、何と言ってもいつでも気軽に実行できるウォーキングなのであります。

有酸素運動であるウォーキングを行うことで膝関節周辺の筋肉を鍛えることができますし、余分な脂肪を燃焼させることができますので、膝痛の原因となる肥満対策としても有効なのです。

膝痛の悩みを抱えた方が、肥満体型ではひざを酷使することになりますのでお気をつけいただきたいと思います。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク