病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

ひざの痛みが治まってきた!ひざ痛は運動療法で改善できるの?

スポンサーリンク

ひざ痛の症状に対して有効となる運動療法

ひざ痛の悩みを抱えている方にとっては、もしかしたらウォーキングのような運動するという行為は関節に負担がかかって症状が悪化すると思っている方がいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、ひざ痛の症状が酷い状態にある時に、有酸素運動のウォーキングを行ってしまったら、症状が悪化することも考えられるでしょう。

しかしながら、ひざ痛の症状が回復方向に向かっている場合には、運動療法は効果がある方法なのであります。なぜ回復の方向にある、ひざ痛という症状に対して運動療法が良いのかと申しますと、それはひざ関節周辺にある筋肉を鍛えることができるからなんです。

ひざ関節周辺の筋肉を鍛えることができれば、関節にかかる負担が軽くなりますので、結果として症状を改善させることができるのです。ひざ痛という症状に対して運動療法は、有効であると言えるでしょう。

それでは具体的に、ひざ痛という症状に対してはどのような運動を行えば良いのでしょうか?

ひざ痛の症状改善の効果がある運動の種類とは?

ひざ痛の症状を改善させるために行う運動には、下記のような3つの運動がより効果的であると言われています。

・有酸素運動
・ストレッチ体操
・筋力トレーニング

それでは、個々に取り上げてまいりたいと思います。

・有酸素運動・・・有酸素運動というのは、酸素を体内に取り込んで脂肪を燃焼させることで行う運動のことを言います。この類の運動は、上半身だけで行うことはできませんから、必然的に下半身を使うことになるんですね。

そうすると、ひざ関節周辺の筋肉を鍛えることができるのであります。また有酸素運動は、血液の循環を良くする効果があることから痛みのの原因物質が滞留している患部からは原因物質が流れて行きますので、痛みの症状を改善させることができるのです。

有酸素運動の中でも、ひざの関節にかかる負担が軽いウォーキングがおすすめです。ちなみに、ひざ痛の症状改善を目的にウォーキングを行う場合は、1日に30分程度で良いでしょう。

・ストレッチ体操・・・ストレッチ体操もまた、ひざ関節周辺の血液循環を改善させることができますので痛みの症状緩和に有効です。またストレッチ体操には、ひざ関節の可動範囲を広げる効果もあります。

・筋力トレーニング・・・筋力トレーニングを行うことで、ひざ関節周辺の筋肉を鍛えることができますので、関節にかかる負担が軽減されて、結果として痛みの症状が改善されることになるでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク