病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

温熱療法を施すことでひざ痛の症状は改善できますか?

スポンサーリンク

関節の調子が悪い時に効果がある温熱療法

関節の調子が悪い時に、温めることで症状の改善を図ることになる温熱療法は有効なのであります。

そしてもちろん、ひざという関節に対しても有効であることは言うまでもないことでしょう。ひざ痛の悩みを抱えている方であれば、諸事情さえ許されるのであれば、きっと皆さんも温泉治療を実行したいところだと思います。

なぜ、ひざの関節を温めることで症状を改善させることができるのかと申しますと、それは患部を温めることで患部周辺の血液循環が良くなるからに他なりません。ひざの関節を温めてあげることで、痛みという症状は少しずつではあっても緩和されていくはずです。

ところで、ひざ痛という症状に対して病院の整形外科では、温熱療法として具体的にはどのような治療の方法が行われることになるのでしょうか?

ひざ痛に対して病院で実施される温熱療法の具体的な治療内容

病院の整形外科では、ひざ痛という症状に対して温熱療法では下記のような治療が実施されることになるでしょう。

・赤外線治療
・レーザー治療
・ホットパック

上記の治療の内容を見た場合、当然のことながら、赤外線治療やレーザー治療は専門の医療設備がなければ治療を受けることができませんが、ホットパックに関しましては、工夫さえすれば自宅でも行うことができます。

何と言っても自分でできることを自分で行えば、医療費を節約することができますからね。

工夫を凝らして自宅で温熱療法を行ってみましょう

自宅では、ホットパックの代わりにホットタオルや温湿布などを活用してみると良いでしょう。そこで、具体的なホットタオルの準備についてですが、お湯に浸けたタオルを絞ってからひざ関節に約10分間当ててあげるだけです。

たったこれだけのことで、血液の循環を良くすることができますので、痛みの症状を軽減させることができるのであります。またホットタオルは、水に濡らしてから軽く絞って電子レンジでチンすることでも準備することができます。

ただしホットタオルは、熱くし過ぎると火傷を負う恐れがありますので、温度には充分なる注意をするようにしてくださいね

また、中にはタオルを準備するのが面倒に感じる方もいらっしゃることでしょう。このような場合は、ドラッグストアなどで市販されている温湿布を利用するという方法もあります。温湿布であれば、いつでも気軽に使うことができますので大変に重宝するかと思います。

ただ、温湿布に関しましても温め過ぎにはご注意くださいね。温湿布による温め過ぎは、症状を悪化させることがあります。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク