病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

冷やしちゃダメ!温めてあげることで改善できる膝痛の症状

スポンサーリンク

大変に痛めやすい自体重がのしかかる膝の関節

膝や腰の関節というのは、なかなか痛めやすい箇所でありまして、どちらも痛みを抱えている方がたくさんいらっしゃるのであります。

膝や腰はどうしても体重という負荷がかかりやすいところですから、仕方がないところがあるかもしれませんね。

ということで膝関節なのですが、膝痛の症状というのは温めてあげることで改善させることができると言われております。はたしてこれは、本当のことなのでしょうか?

ハッキリと言わせていただくとすれば、膝痛という症状は温めてあげることで改善させることができるのであります。それでは、なぜ温めることで膝痛の症状は改善されるのでしょうか?

温めることで膝痛が改善されるのはなぜですか?

なぜ温めてあげることで膝痛の症状が改善されるのかと申しますと、それは血液の循環が良くなって組織の新陳代謝が向上するからなんですね。組織の新陳代謝が向上すると、痛みを感じる原因物質がカラダの外へと排出されやすくなります。

また、患部に留まっていた痛みの原因物質は循環が良くなった血液のよって押し流すこともできますからね。これらのことで、膝関節に現れている痛みの症状は軽減されることになるのであります。

以上が、温めることで膝痛の症状が改善されるメカニズムなのです。

膝痛が起きている患部を温める方法

痛みが発生している患部である膝の関節を温める方法は色々あります。例えば、ゆっくりとお風呂に入ることで温めてあげることができますし、ホッカイロや温湿布、ホットタオルなどを使うという方法もあるでしょう。

要するに、ご自身がやりやすい方法で温めてあげればそれでOKということですね。

ただし、膝痛という症状が現れている時に、全てのケースで温めてあげれば良いというものではありませんのでご注意いただきたいと思います。

温めずに冷やす処置が必要となる膝痛のケース

膝の関節に痛みが現れた時、その症状として患部では炎症が発生して熱を持っているケースでは絶対に温めてはいけません。患部が炎症を起こして熱を持っている場合は、必ず冷やして炎症を鎮めてあげるようにしましょう。

例えば、捻挫や打撲が原因で膝痛の症状が現れている場合は、患部では炎症が起きているはずですから冷やす処置が必要となります。このようなケースでは、1週間程度冷やす治療を施してあげれば痛みは治まってくるでしょう。

1週間を経過しても痛みが治まらないということであれば、整形外科がある病院に行って検査を受けるべきですね。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク