病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

スクワットなどの筋トレで膝痛の症状は改善できますか?

スポンサーリンク

運動療法の一環として取り入れられている筋トレ

様々な病気や怪我からの回復期において、リハビリとして運動療法が行われることがあります。そんな運動療法の中には、筋トレも含まれているんですね。

そして膝痛という症状は、もちろんケース・バイ・ケースではあるにしても運動療法の筋トレを実行することで改善することができると言われているのであります。

本当に膝痛の症状は、筋トレを行うことで改善させることができるのでしょうか?ハッキリと言わせていただくとすれば、膝痛の症状は、その起きている原因次第では筋トレで改善させることは可能なのであります。

筋トレを行うことで膝痛の症状を改善できる理由

皆さんもご存知の通り、自分の体重のほとんどは両方の膝関節が支えてくれています。しかしながら、実際は関節だけで支えているわけではなく膝関節周辺に存在している筋肉が天然のサポータの如く補助してくれているというのが本当のところなんですね。

ところが、運動不足や老化の進行などで筋力が低下してまいりますと、膝関節周辺の筋肉は関節を補助することができなくなります。このこともまた、膝痛の原因の1つになっているのであります。

したがいまして、筋トレを行うことで膝関節周辺の筋肉を鍛えることは膝痛対策として有効であると言えるでしょう。

ただし、膝関節の痛みが激しかったり、あるいは炎症が起きている時に筋トレを行ってしまいますと症状が悪化する可能性がありますのでやらない方が無難です。

筋トレを実行する時の注意すべきポイント

筋トレを実行するにあたっては、無呼吸運動にならないようにご注意いただきたいと思います。要するに呼吸をしながら運動をするということです。また、1回や2回くらい筋トレを行っても全く意味がありませんので毎日継続する必要があります。

毎日筋トレを続けることが、膝痛の症状を改善させるためには最も大切なポイントになるのです。ただし、筋トレ実行中に痛みが酷くなった場合はすぐに中止してくださいね。絶対に、無理をしてまで行うべきではありません。

また、筋トレを行うからと言って負荷が大きすぎるのも考えものです。あくまでも膝痛の症状を改善させることが筋トレの目的ですから、軽度な不可の筋トレから始めて少しずつ負荷を強くしていくようにすると良いでしょう。

例えば、膝関節周辺の筋肉を鍛える筋トレにはスクワットという運動がありますが、最初はハーフスクワットから始めるなどの工夫をしてくださいね。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク