病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

例え高齢者であっても膝痛の改善に効果があるストレッチ

スポンサーリンク

膝痛対策のリハビリに効果がある運動療法

運動療法とは、運動を行うことに対して発生する生理的な反応、要するに運動することで得られる効果を活用して何らかの疾患や障害の予防、及び治療に役立てるためのものであります。

運動療法を最大限に活かすためには、運動を行うことに対する身体的な反応に係る運動生理学の知識は欠かすことができないものでした。

従来の運動生理学は、健常者やスポーツ選手の運動生理についての研究が大変に盛んだったように思いますが、今の時代はリハビリテーションに関連付けた研究も進化しております。

そして膝痛対策のリハビリとして行う運動療法についても、現代では盛んに行われているのであります。そんな膝痛対策として行われる運動療法の1つに、ストレッチがあるわけですね。

ハッキリと言わせていただくとすれば、膝痛の症状はストレッチを行うことで改善させることができるのであります。

膝痛の症状改善に効果があるストレッチ

膝痛の悩みを抱えていますと、ついつい患部をかばおうとすることから膝の関節を動かさなくなってしまいがちです。しかしながら、膝痛だからと言って膝の関節を動かさないでいると、それは逆効果になってしまうんですね。

なぜならば、関節を動かさないと靭帯が硬直して血液の循環が悪くなるのです。その結果、膝痛の症状はさらなる悪化を招く危険が大きいのであります。

もちろん、膝痛の症状が強い場合は無理してまで行ってはいけませんが、そうでなければストレッチで膝の関節を動かす方が良いでしょう。ただし、ストレッチの最中に痛みが強くなった場合は、すぐに中止しましょう。ここでも無理は、やはり禁物です。

膝痛対策のストレッチにチャレンジしましょう

早速ですが、膝痛の悩みを抱えた方はストレッチにチャレンジしてみてください。具体的な方法は、下記のような流れになります。

(1)仰向けに寝て両方の足を伸ばしましょう
(2)床に踵を付けた状態で大腿部に力を入れます
(3)(2)の時、膝の関節を伸ばす感じで行ってください
(4)両方の足から力を抜きましょう
(5)(1)~(4)を10~20回繰り返してください
(6)1セット10~20回にして1日に3セット程度行いましょう

以上のようなストレッチを毎日行うことで、膝痛の症状も徐々に改善されていくはずです。ただ、最初は辛く感じるかもしれませんので、その時は少ない回数から始めて少しずつ運動量を増やすようにしていただければと思います。




関連記事

新着記事

スポンサーリンク