病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

病気ではない発達障害とはわかりやすく言うとその定義は・・・

スポンサーリンク

生まれつきの特性である発達障害

皆さんの中には、もしかしたら発達障害のことを病気だと思いこんでいる方がいらっしゃるかもしれませんね。しかしながら、発達障害は病気ではないのであります。

それでは、発達障害とは何なのかということになりますが、これは生まれつきの特性であると理解するべきでしょう。

発達障害の人は、脳の機能に問題を抱えながらにして生まれてきたことから、世の中では変わった人と思われてしまいます。そんなことから、社会生活に適応することは大変に難しいというのが実情なのであります。

そんな発達障害なのですが、実のところを言えば大きく3つのタイプに分類されるんですね。それでは具体的に、発達障害の3つのタイプとはどのような種類なのでしょうか?

3つに分類される発達障害の種類

発達障害は、下記のような3つの種類に分類されることになるのであります。

(Ⅰ)広汎性発達障害
(Ⅱ)学習障害(LD)
(Ⅲ)注意欠陥多動性障害(ADHD)

それでは、個々に取り上げさせていただきたいと思います。

(Ⅰ)広汎性発達障害・・・広汎性発達障害は、コミュニケーション能力や社会性、対人関係を構築する能力などに問題を抱えている障害になります。

代表的な広汎性発達障害としましては、「自閉症」「アスペルガー症候群」「小児期崩壊性障害」などを例としてあげることができるでしょう。

(Ⅱ)学習障害(LD)・・・学習で得とくするべき基本的な能力と言いますと、「聞く」「書く」「読む」「計算する」などになりますが、健常者であればこれらの能力を、ある一定のレベルまでは学び取ることができます。

しかしながら、学習障害の人はこのような能力を学び取ることができません。例えばのお話ですが、「読むことはできるのに書くことはできない」とか、あるいは「書くことはできるのに読むことはできない」などの状態にで学校の勉強には当然、ついていくことができないのであります。

(Ⅲ)注意欠陥多動性障害(ADHD)・・・じっとしていることができない、集中力がない、善悪の判断ができないなどの症状が現れる障害を注意欠陥多動性障害(ADHD)と言います。

例えば、その人の行動パターンを見た時に、何も考えている様子もなく行動を起こしているということであれば、注意欠陥多動性障害(ADHD)の可能性が高いと言えるでしょう。

以上が、発達障害の3つの種類ということになります。もし、お子様を育てていく過程において上記のようなことに該当する場合は、早目に対策を取る必要がありますね。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク