病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

働かなければ食べていけない!発達障害でもできる仕事ってある?

スポンサーリンク

仕事で大きなストレスを受けかねない発達障害の人

発達障害の人と言いますと、その障害の程度によっては障害者年金をもらうことができます。しかしながら、もしかしたらそれだけでは生きていくためには不十分かもしれません。

生きていくため、食べていくためには働かなくてはならない方もいらっしゃることでしょう。ところが、発達障害だと簡単には仕事を見つけることはできません。

仕事の内容次第では、発達障害の方には従事することが難しかったりします。仮に、無理をして継続してしまいますと大変なストレスを受けてしまう可能性があるのです。

ということで今回は、発達障害の人でもできる仕事の種類について考えてみたいと思います。

発達障害でもできる仕事

発達障害でもできる仕事について考える時、まずはハッキリとさせる必要があるのはご自身がどのタイプの発達障害であるのかということなのであります。発達障害の種類によって、できる可能性がある仕事は異なってきますからね。

例えばのお話ですが、アスペルガー症候群と診断されている方は、「デザイナー」「プログラマー」「学者」「司法書士」「税理士」「会計士」などのような専門性の傾向が濃い仕事が向いているんですね。

また、ADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断されているということであれば、仕事の種類としては刺激のあるものや、ひらめきが大切となるような仕事が良いかと思います。

具体的に言いますと、「タレント」「ジャーナリスト」「俳優」「芸術家」「スポーツ選手」「カメラマン」「漫画家」「スタイリスト」「デザイナー」「自衛官」などを例としてあげることができるでしょう。

発達障害の人は避けた方が良い仕事

発達障害の人には向いていない仕事といものが少なくありません。例えば、下記のような仕事は止めておくべきでしょう。

・自分のペースではできない仕事
・複数の人間を相手にしなければならない仕事
・指示が多い仕事

具体的に例とをあげるとすれば、「接客業」「営業」「スーパーなどのレジ打ち」「教師」などの死語地になります。発達障害の人がこのような仕事に従事するのは、日常的に大きなストレスを受けることになりますので避けるべきですね。

また、仕事上のミスが人の生命を脅かすことになるようなタイプの仕事も問題があり過ぎますので発達障害の人は避けましょう。

発達障害の人は、どのような仕事に従事するにしてもできるだけかかってくるストレスが少ないものを選びたいものですね。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク