病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

発達障害の人って犯罪者の予備軍になりやすいって本当?

スポンサーリンク

置かれた環境に大きく左右される発達障害の人の犯罪率

実際に調査が行われているのかどうかは別にしても、発達障害の人が起こす犯罪率なるものが公表されているわけではないように思いますが、犯罪予備軍になりやすいというお話はチラホラと見聞きすることはあります。

可能性だけを考えれば、発達障害の悩みを抱えている方が置かれている環境次第では犯罪を犯しやすくなってしまいますからね。

ただしこれは、発達障害という問題を抱えていない方だって同じことが言えるんですけれどもね・・・。

発達障害を理解しない人たちから受ける大きなストレス

今の時代のようにパソコンやスマートフォンが広く普及している情報化社会にあっても、発達障害に対する理解は大きく広がっているとは言えないでしょう。

もし発達障害の方の周囲にいつ人間が、この障害のことを正しく理解していない場合は、日常的に大きくなストレスを受けることになってしまいます。このような日常的に受ける強いストレスは、時として犯罪を起こすきっかけとなってしまうんですね。

さらに言えば、発達障害のことが原因でイジメられたり、あるいは孤立したりすることもあるでしょう。その結果、人に対して増悪を感じて犯罪に走ることがが現実にあるのです。

善悪を判断できない発達障害の人もいます

発達障害という問題を抱えている人の中には、残念なことに善悪の判断ができないこともあるんですね。そして、予期せぬ事態に遭遇した時、パニックを起こして犯罪を起してしまったというケースもあります。

また、発達障害の人と言いますと、根は純粋で単純な側面があったりします。そして、犯罪の主犯となって企てるような人物と言いますと、なかなか狡猾な人間も多く、発達障害の人間の純粋さに付け込んで罪をかぶせて自分は高みの見物みたいなことをするケースがあんですね。

要するに、犯罪の首謀者に利用されて使い捨てされてしまうことがあるということです。

もちろん、それだからと言って発達障害の人が犯罪を起こしやすいと断言できるはずもありません。しかしながら、それでも発達障害の問題を抱えている人は、一般的に人よりもストレスを感じやしことは間違いのないところだと思います。

ただし、万病の元とも言われているストレスは、ヤケッパチになって犯罪を起こすきっかけになることが少なくありません。これは、発達障害の人に限ったお話ではありませんので、ストレスを溜め込むことは誰もが避けるべきなのであります。




関連記事

新着記事

スポンサーリンク