病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

ストレスを始めとした睡眠障害の原因として考えられること

スポンサーリンク

睡眠障害に陥る4つの大きな原因

睡眠障害とは、人間を含めた動物の睡眠に関する医学的な障害のことを言います。

他の動物のことはこの際除きますが、人間が睡眠障害に陥る原因はと申しますと、大体のところ下記のような4つのことを主な要素としてあげることができるでしょう。

【睡眠障害が起きる4つの原因】
(Ⅰ)日常的に過剰なストレスを受けている
(Ⅱ)何かしらの病気を患っている
(Ⅲ)病気治療における薬物療法の副作用
(Ⅳ)生活習慣に問題を抱えている

それでは、個々に取り上げさせていただきたいと思います。

(Ⅰ)日常的に過剰なストレスを受けている・・・今の時代はストレス社会とも言われているわけですから、日々の糧を得るために働いていればストレスを避けて通ることができません。

ストレスを溜め込まないで発散できる方は良いのですが、中にはストレスを真正面から受け止めて抱え込んでしまう方がいらっしゃいます。このように、ストレスを過剰に受けて溜め込んでしまいますと、それが睡眠障害を起こす原因となることがあります。

したがいまして、日々、ストレスを受けているなと感じていいる方は溜め込まないように注意が必要でしょう。

(Ⅱ)何かしらの病気を患っている・・・睡眠障害は、何かしらの病気が原因となって引き起こされることがあります。睡眠障害の原因となる病気を具体的に言いますと、下記のようなものを例としてあげることができるでしょう。

・関節リウマチ
・アトピー
・花粉症
・喘息
・頻尿

例えばのお話ですが、関節リウマチのような病気を患っていますと、その襲いくる激しい痛みの症状で眠ることができなくなります。またアトピーの方の場合は、あまりの痒みに、それこそ眠ることができないのであります。

さらに言えば、病気は身体的なものばかりではありません。うつ病のような精神疾患を患うことでも睡眠障害が起きることがあるのです。

このような病気が原因の睡眠障害は、まずは原因となっている病気の症状を改善させる必要があるでしょう。

(Ⅲ)病気治療における薬物療法の副作用・・・世の中には病気治療のために、薬を服用している方がたくさんいらっしゃいますが、その種類によっては副作用として睡眠障害を起こすこともあります。

(Ⅳ)生活習慣に問題を抱えている・・・生活習慣に問題を抱えている方も、それが原因となって睡眠障害になることがあります。例えば、日常的に不規則な生活を送っている方は発症リスクが高くなるでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク