病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

首に悲劇をもたらす問題のある姿勢!頚椎ヘルニアの原因とは?

スポンサーリンク

神経を刺激するヘルニア

そもそもヘルニア(hernia)とは、『飛び出す』という意味の英語です。

頚椎とは、胴体部分と頭部をつなぐ首の骨のことです。

そして正式には頚椎椎間板ヘルニア、一般的には頚椎ヘルニアの名称で知られている首の疾患は、頚椎間でクッションの役割を果たし、椎間板と呼ばれる軟骨の組織から、髄核と呼ばれるものが飛び出ることで引き起こされるわけであります。

頚椎は、背骨の上方にあって頭蓋骨を7個の首の骨で支える形になっております。頭蓋骨をさせているわけですから、当然この部位には大切な神経がたくさん通っているわけであります。

その神経をヘルニアが、圧迫することで痛みという症状が現れてくるのです。それでは、なぜこのように神経がたくさん存在するような大切な部位にヘルニアが発生するのでしょうか?

老化が原因となるヘルニア

頚椎ヘルニアという首の疾患は、実は40歳を過ぎると一気に発症率が上昇します。なぜならば、椎間板は人間の体の中では最も早く老化が始まってしまう組織なんですね。椎間板で老化が始まりますと、この組織から水分が減ってしまいます。

椎間板から水分が減少しますと、弾力が失われてしまいます。そうすると、クッションとしての役割を果たすことができなくなってしまうんですね。さらに言えば、頚椎の周囲にある筋力も年齢とともに低下してしまします。

ところが、弾力が失われてもかかる負担が軽くなるわけではありません。そうすると椎間板は、負担に耐えられなくなって摩耗したり潰れたりすることがあるのです。その結果、髄核が飛び出して頚椎ヘルニアになってしまうわけであります。

悪い姿勢が原因となるヘルニア

最近、30歳代でも頚椎ヘルニアになる方が増加傾向を見せております。それは、悪い姿勢を長時間にわたって取り続けてしまうことが原因なんですね具体的にどのような人たちなのかと言えば、デスクワークでパソコンを長時間続けている職種の方たちのことです。

パソコンの入力作業を行っている人たちというのは、多くの場合、前かがみとなって仕事を続けています。この姿勢が引き金となって、頚椎ヘルニアを発症することがあるのです。この悪い姿勢と相乗効果を起こしてしまうのが、運動不足です。

首の周囲にある筋力が強ければ、頭部を支えている頚椎も保護された状態にあります。しかし、運動不足による筋力の低下は、問題のある姿勢と相まって頚椎ヘルニアを発症しやすくしてしまします。

まだ若いからと油断しないで、頚椎ヘルニアを予防するためには、姿勢を正すことと日常生活に適度な運動を取り入れるべきですね。

外的要因の頚椎ヘルニア

交通事故などで、むち打ち症のように頚椎を痛めてしまうことがあります。むち打ち症は、強い衝撃を頚椎が受けることで引き起こされます。このような、外的要因で頚椎ヘルニアになってしまうこともあります。

また、外的な要因は大きな衝撃だけではありません。小さなキズや軽度の圧迫が継続的に加えられたりしますと、やはり頚椎ヘルニアになってしまうことがあるのです。

頚椎ヘルニアは、早期に治療を開始することができれば比較的簡単に症状を改善することができますので、首に以上を自覚するようになったら、すぐに整形外科などのある病院に行って診察してもらいましょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク