病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

頚椎ヘルニアで最も効果のある治療方法は早期に始めること!

スポンサーリンク

頚椎ヘルニアの治療方法には、大きく二つの方法に分けることができます。

それが“保存療法”と“手術”という治療なのであります。

ちなみに保存療法とは、手術以外、全ての治療方法になります。

非常に厄介と言われている頚椎ヘルニアと言えども、初期の段階であれば保存療法を施すことで症状を大きく改善することができます。そんな頚椎ヘルニアの保存療法なのですが、いくつかの種類があります。

具体的な頚椎ヘルニアにおける保存療法としましては、下記のようなものをあげることができます。

頚椎ヘルニアの保存療法

・温熱療法・・・頚椎ヘルニアを発症しますと、首や肩の周辺が血行不良となって、こりという症状が出てくることがあります。そのために、患部を温めてあげることで血液循環を良くして筋肉のこりを改善します。

・マッサージ療法・・・温熱療法と同様に、首や肩などの問題のある箇所をマッサージしてあげることで血液循環の改善を図って筋肉のこりをほぐします。

・固定療法・・・頚椎ヘルニアを発症した場合、患部は安静な状態に保つ必要性に迫られることがあります。そんな時は、頚椎カラーとかネックカラーと呼ばれる固定具を使って固定してあげることになります。

ちなみに頚椎カラーには、各種の症状に合わせられるように、ソフトタイプやハードタイプなどを含めて10種類くらいあります。

・薬物療法・・・頚椎ヘルニアを発症すると、痛みという症状が現れることの方が多いという実態があります。患部に痛みがある場合は、消炎剤を服用したり、あるいは注射を打つなどして痛みを抑える処置をすることになります。

頚椎ヘルニアは、発症初期で症状も軽度であれば、上記のような保存療法を実施することで症状を改善することができます。しかしながら、症状が重度であったり、あるいは放置するなどして悪化させてしまいますと、かなり厄介なことになる可能性があります。

頚椎ヘルニアの手術という治療

頚椎ヘルニアを悪化させますと、下肢にまで影響が現れるなどして歩行障害という症状が出てくることもあります。また、激しい痛みに襲われたり、あるいは保存療法の効果を得ることができなかったりすることもあります。

このようなケースでは、医師より手術を推奨されることもあります。しかしながら、頚椎ヘルニアの手術は、患部が頚椎という繊細は部位だけに非常に大きなリスクと向き合うことになってしまいます。

なぜならば、頚椎を手術するということは神経や脊椎を損傷させてしまう可能性があるからなのです。もし仮に、神経や脊椎を損傷させてしまったら、障害が残る可能性もあるんですね。

頚椎ヘルニアの手術を受けるということは、大きなリスクを背負い込むことにもなると認識していただきたいと思います。

したがいまして、頚椎ヘルニアは症状が軽度の段階で治療を開始することができるように、頚椎に関しては些細な異変でも見逃してはいけません。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク