病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

頚椎ヘルニアの発症で安眠できない!おすすめの枕のタイプとは?

スポンサーリンク

安眠のために大切な枕選び

人間が健康的に生活するためには、安眠は非常に大切な要素であることに異論のある方はいらっしゃらないでしょう。

健康な方でも、旅行などで枕が変わるとよく眠れないというケースは少なくありません。

それなのに、もし頚椎ヘルニアを発症してしまったらどうなってしまうのでしょうか?頚椎ヘルニアで治療の真っ只中にある方にとって、枕選びは頚椎に負担をかけないためにも、非常に重要なポイントになります。

それでは、頚椎ヘルニアを発症している方にとって、首に負担をかけずに安眠できる枕というのは、どのようなタイプの枕になるのでしょうか?

正しい高さがポイントです

まずは、眠る時の姿勢について考えてみましょう。人間は、就寝している時にずっと同じ姿勢を保っているわけではありません。仰向けになったり、うつ伏せになったりと、寝返りを打つわけであります。

ということは、就寝時の頭部の高さというのは常に一定に保たれているわけではないんですね。人が横向きになった時、頭部の高さが変わってしまいます。

最近は、オーダーメイドの枕を愛用されている方たちが増えていますが、このようなオーダーメイドの枕でさえ、寝返りを打つ人間の頭部を一定に保つことはできないんですね。

なぜならば、オーダーメイドの枕も仰向きの高さに調整してあるため横向きには対応していないのが実情なのです。オーダーメイドの枕で眠っても、起床時に首や肩に疲れが残っている方というのは少なくないのであります。

安眠できて頚椎に負担のかからない枕というのは、材質的にもそれほど固くなく、頭部、首、かたなどを全体的に支えることのできる、少し大きい程度の枕が良いでしょう。また、形状的にも寝返りが打ちやすい枕が理想的です。

頚椎に負担のかからない枕というのは、頚椎ヘルニアの発症云々にかかわらず、大切なことですから、ご自身に合った枕を選びたいものです。

ちなみに、そばがらの枕が快適だとなかなか評判の良いみたいですよ。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク