病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

頚椎症の検査方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

首や肩のこりから始まる頚椎症

頚椎症は、首や肩のこりから始まって、やがては後頸部や肩、そして腕や指先にまで痛みや痺れという症状が現れてまいります

首や肩のこりはともかくとして、指先にまで痛みや痺れが現れてきたら、やはり頚椎に異変が起きていると想像してしまうのではないでしょうか?

この段階にきても尚、病院に行かない方は少ないと思います。そして、病院に行きますと頚椎症の検査が実施されることになるはずです。

それでは、具体的に頚椎症の検査方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

頚椎症の具体的な検査方法

頚椎症の診察は、当然のことながら問診から始まります。その問診後には、身体的な所見の検査が行なわれることになるでしょう。その身体的な所見の検査方法には、“スパークリング検査”と“ジャクソン検査”、そして“10秒テスト”と呼ばれる方法があります。

・スパークリング検査・・・首を横に曲げた状態で頭部を圧迫した時、あるいは上を向いた状態で押した時に、それぞれ上腕部に痛みがあるかどうかを調べることになります。

・ジャクソン検査・・・軽く首を後ろに曲げた状態で頭部を圧迫した時、上腕部に痛みがあるかどうかを調べることになります。

・10秒テスト・・・両手を使って、じゃんけんの『グー』と『パー』を10秒間に何回握ったり開いたりできるかのテストになります。

また、身体的な異変の有無を触診によって行なわれることもあります。体の何処かで感覚が麻痺しているかどうか、触れた感覚が他の部位と異なる場所の有無などを調べます。さらには、筋力の状況などについても検査することになるでしょう。

頚椎症の画像による検査

頚椎症の検査は、画像によるチェックも行なわれることになります。具体的に言えば、X線やMRI、そしてCTなどですね。

これらのマシンによって撮影された画像をチェックすることで、脊髄や神経根の圧迫状態を調べることができます。

以上のような検査を行うことで、頚椎症の進行度を確認することができますので、必要となる治療の方法も、より具体化してくるでしょう。頚椎に不安のある方は、早めに病院に行って検査してもらってくださいね。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク