病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

40歳過ぎると急増する頚椎症!予防と治療目的の運動療法とは?

スポンサーリンク

予防と治療で異なる運動療法

色々な病気の治療や予防を目的に、運動療法が取り入れられていることは一般的にもよく知られていることだと思います。

そして実は、頚椎症対策としても効果のある運動療法があるんですね。
それは、頚椎症予備軍の方であれば予防するためのもの、そしてすでに頚椎症を発症している方は、治療を目的として、それぞれ異なった運動療法が行なわれているわけであります。

頚椎症は多くの場合、色々な要因が複合的に絡み合って徐々に進行していく頚椎の疾患です。したがいまして、痛みという症状が表面化する前の段階で予防としても対策を考えるべきななのです。

運動療法に無理は禁物です

頚椎症対策として行う運動療法の基本は、患部が非常に繊細な場所だけに絶対に無理をしてはいけないということです。激しい運動などは、もってのほかと言わざるを得ません。

首に負担のかかるような運動を行っては、症状の悪化を招くことになりかねませんので、ご注意いただきたいと思います。頚椎症対策としての運動は、無理の無い程度から始めて徐々に運動量を増やしていきましょう。

頚椎症対策として行う運動療法のポイントは、急激に運動量増やすのではなく、短時間から始めて、少しずつ増やして行くことが大切です。運動自体も、シンプルなものを選択して、ご自身が毎日継続できる運動を選びましょう。

頚椎症に効果のある運動には、横になって行うものが多くありますので、就寝前の時間に実行する習慣をつけると、質の良い睡眠を取ることができますし、一石二鳥の効果を得ることができますね。

主治医の許可を得ましょう

具体的な運動療法については、自己流で不適切な運動を行ってしまいますと、症状を悪化させてしまう可能性もありますので、ご注意いただきたいと思います。

ネット上には、様々な首の運動を散見することができます。しかし、患部は頚椎ですので、必ず主治医の許可を得るなりしてから実行するようにしましょう。病院で推奨している運動であれば、安心して実行することができますからね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク