病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

後遺症が心配な頚椎症治療の手術!費用はどれくらいなの?

スポンサーリンク

根本的な治療が可能な手術

頚椎症を発症して、保存療法を試みてもあまり改善されなかったり、あるいは症状がひどかったりすると、やはり根本的な治療として手術という選択肢が視界に入ってくることもあるでしょう。

しかし、手術の対象となる部位は、身体の生命線とも言うべき大切な神経や血管が密集して存在する狭窄な首ということになります。

万が一にでも、身体をコントロールしている神経を傷つけてしまったら非常事態に見舞われてしまう可能性もあります。考えられる後遺症と言いますと、手や足の麻痺です。この麻痺は、生涯にわたって背負い込むことにもなりかねません。

このような事情から、ドクターも安易に手術を推奨することはないと思いますが、手術という選択肢は慎重の上にも慎重であるべきです。首にメスを入れるなどという手術が、考えるだけでも怖いことですよね。

頚椎症手術に必要な費用は?

頚椎症に手術に必要となる費用は、実際に実施する医療機関によっても異なりますが、おおまかなところでは、だいたい30万~40万円くらいになるでしょう

ただし、頚椎症に限らず手術が終了すれば全てが終わるというわけではありません。頚椎症の手術では、約1ヶ月程度の入院期間が必要となります。また、多くの場合、大掛かりな手術にはリハビリが必要となります。

頚椎症の手術後もまた、リハビリを行なわなければなりません。ということで、費用の面から考えますと、入院費や通院費、そして交通費も考慮に入れる必要があるでしょう。

さらに言えば、働いている方は仕事のできない期間の収入面の心配もあります。休職制度が整っている職場であれば良いのですが、そうでないと収入の道を閉ざされてしまうことになります。収入面の問題は、待ったなしで切実な問題をはらみます。

頚椎症で手術を選択するということは、人生の岐路の立っていると言っても過言ではないでしょう。実際に決断するのあたっては、専門家の意見をよく聞いて納得できるまで検討すべき問題なのです。

けっして安易に選択して良いものではありません。




スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク