病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

後遺症で悩まされることの多い頚椎捻挫はどの種類のタイプなの?

スポンサーリンク

後遺症が現れやすい頚椎捻挫

もしかしたら、頚椎捻挫などと言われたとしても、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかしそれが、むち打ち症となれば話は違ってくることでしょう。むち打ち症と言われれば、多くの方が名称くらいはご存知のことと思います。

一般的にも頚椎捻挫は、交通事故やスポーツのシーンなどで引き起こされることの多い首の疾患であります。そして頚椎捻挫は、後遺症に悩まされるケースが多いことでも知られている疾患なのです。

そんな頚椎捻挫なのですが、何となく一つの種類しかないように思われるかもしれませんが、実はいくつかの種類があるのです。頚椎捻挫は、おおまかに4種類に大別することができます。

4つの種類がある頚椎捻挫

頚椎捻挫は、下記のような4つのタイプに分類されます。

(1)頚椎捻挫型
(2)神経根損傷型
(3)脊髄損傷型
(4)自律神経障害型

それでは、個々に見ていくことにしたいと思います。

(1)頚椎捻挫型・・・一般的には、最も発症件数の多いタイプの頚椎捻挫と言ってよいでしょう。頚椎捻挫型は、首周辺の筋肉や靭帯、そして骨の接合部分である関節などで捻挫が起きて炎症が発生している状態にあることです。

さらに細かく言えば、捻挫を起こしている部位によっても呼び名は違ってまいります。具体的に言えば、筋肉で捻挫を起こしている状態を“筋肉型”、それが関節であれば“椎間関節型”と呼ばれることになります。

(2)神経根損傷型・・・頚椎には大切な神経が集まっている脊椎と呼ばれる部位があります。この繊細な部位に捻挫が起きてしまうことがあるんですね。それが、神経根損傷型なのであります。

脊椎で捻挫が起きてしまいますと、神経が集まっている場所であることから、激しい痛みに襲われてしまうこともあります。また、痛めた神経の場所次第では少しずつ痛みが強くなっていくこともあります。

神経根損傷型の頚椎捻挫を起こしてしまいますと、治療期間も長期化しやすく握力の低下という症状が現れることもあります

(3)脊髄損傷型・・・かなり症状が厳しいタイプの頚椎捻挫になりますが、脊髄損傷型は文字通り、脊椎から髄液が漏れ出してしまうほどの捻挫を負ってしまうことになります。病状によっては麻痺が起きることもあります。

(4)自律神経障害型・・・このタイプは、頚椎捻挫をきっかけとしまして、捻挫そのものの症状とともに、自律神経に障害が及んでしまって、心因的な抑うつ症状であったり、疲労感や倦怠感が慢性化してしまうなどの症状が現れたりします。

具体的に言えば、頭痛、肩こり、視力の低下、めまい、目のかすみ、難聴、耳鳴り、吐き気、不眠、イライラ、息苦しいなどの症状が出てくることもあります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク