病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

ひどい状態にある目のクマは病気から発せられる危険なサイン

スポンサーリンク

目のクマが解消されない場合

目の下にクマができて、原因と思われる疲れとか睡眠不足を改善してもクマが解消されないことがあります。

また、目のクマの状態がひどいケースもあります。

そんな時は、何かしらの病気の疑いがありますので、早急に病院に行って診察してもらうべきです。中には、放置する危険な病気もありますので、あれこれと考える前の病院に行ってくださいね。

目の下にクマができてしまう病気には下記のようなものをあげることができます。

【目の下にクマができる病気】
(1)肝臓病
(2)腎臓病
(3)糖尿病
(4)低血圧
(5)バセドウ病
(6)アトピー性皮膚炎

目の下にできるクマとの関係

肝臓病や腎臓病、そして糖尿病などの内臓疾患は、当然のことながら内蔵が機能低下を起こしているわけですから、血液の循環はかなり悪い状態にあります

血液循環の悪化は全身に及びますので、その影響は目の下にある毛細血管まで及ぶことから、クマができやすくなってしまうんですね。肝臓病、腎臓病、糖尿病は非常に重篤な病気ですから、早急に病院に行って治療を施してもらうべきです。

低血圧は、文字通り血液の圧力が低い状態にあるわけです。そうすると、血流に勢いがありませんので、血行不良になりがちと言えます。したがいまして、低血圧もまた、目のクマの原因になうわけですね。

全身の細胞に働きかけて、代謝を促進する役割を持つ甲状腺ホルモンがあります。この大切な役割を担う大切な甲状腺ホルモンが、過剰に分泌されて甲状腺機能亢進症を起こすバセドウ病と呼ばれる病気があります。

バセドウ病を発症すると、目が腫れたり、あるいはたるんでしまったりすることがありまして、その結果、目の下に黒い影ができてクマに見えてしまうことがあります。バセドウ病は、黒い目のクマの原因になることがあるんですね。

アトピー性皮膚炎というのは、多くの場合、激しい痒みを伴うことがあります。その痒みは、顔に現れることもあるのです。もし、目の周辺を掻きまくってしまいますと、色素が沈着してしまい、茶色いクマができてしまうことがあるんですね。

顔をかくという行為は、眼球を傷つける可能性がありますので非常に危険です。したがいまして、何かしらの対策を取る必要があるでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク