病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

自立神経の乱れが原因となる目のくま!改善できる呼吸法とは?

スポンサーリンク

自律神経が乱れてできるくま

目のくまができる原因で、最も多いのは血行不良です。

血行不良とは、その言葉の通りで血液の流れがスムーズにいかない状態のことを言います。

血液循環が悪化しますと、当然のことながら血液は酸素の供給不足となり、ヘモグロビンが暗赤色へと変色してしまうのであります。そうすると、目の下の薄い皮膚を通して青黒く見えてしまうわけなんですね。

もちろん、原因が血液循環の悪化ですから、血液の流れを改善してあげることで、くまもまた改善されることになります。

それでは、なぜ血液循環が悪化してしまうのでしょうか?その原因には、色々なケースがありますが、その中の一つに自立神経の乱れがあるのです。

乱れる交感神経と副交感神経

自律神経は、仕事をするなど活動する時間帯に働く交感神経と就寝時など休息を取る時などに働く副交感神経という二つの神経で構成されております。

そして人間は、この二つの自律神経のバランスが取れていることで正常な活動が営まれていることになります。

もし、何らかの原因で二つの自律神経に乱れが生じてしまいますと、様々不具合が身体に現れてくるわけなんですね。その一つが、血行不良となってできる目のくまということになります。

このようにしてできる目のくまは、自律神経を整えてあげる必要があります。

目のクマを改善できる腹式呼吸

乱れた状態にある自律神経を整えることができる方法の一つに呼吸法があります。具体的にどのような呼吸法かと言えば、特に腹式呼吸が効果があると言われているんですね。

腹式呼吸といえば、ヨガなどで行なわれていることでもよく知られている呼吸法だと思います。具体的な腹式呼吸のやり方としましては、下記のような流れになりますので参考にしてくださいね。

【腹式呼吸のやり方】
(1)鼻から息を吸ってください。
(2)腹部と胸部が一杯になるまでゆっくりと吸いましょう。
(3)口から少しずつ吐き出します。
(4)息は最後まで吐き出しましょう。
(5)上記の呼吸法を10分程度続けてください。


いかがですか?とても簡単な呼吸法ですよね。腹式呼吸を行うことで、気持ち的にもスッキリとするはずです。

腹式呼吸は、就寝前に行うことをオススメします。そうすると、血液循環の改善だけではなく、質の良い睡眠を得る可能性が高くなります。また、感情の起伏が激しい時なども、腹式呼吸で気持ちを落ち着かせることができます。

精神的に不安定な状態というのは、血液の流れを悪化させる原因となることもあります。たかが呼吸法などと思われるかもしれませんが、腹式呼吸は色々な場面で役に立つ呼吸法でもありますのでマスターしておくとよいと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク